試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cent OS 徹底入門 第3版

翔泳社

4,280円+税

Red Hat互換のディストリビューション最新機能を解説

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

CentOSは、オープンソースのLinuxディストリビューションで、誰でも自由にダウンロードして利用可能です。最大の特徴はサーバーOSとして作られていること、そしてRed Hat Enterprise Linuxとの互換性を有することです。これらの特徴によりCentOSは、企業システムの現場やクラウドサービス用のOSとして広く利用されています。

本書では、CentOSの解説書の改訂版として、最新バージョン6.2を対象に各種の機能を解説します。インストールの方法や基本的な利用方法を詳しく解説するほか、豊富なパッケージを利用したソフトウェアの導入方法、サーバーとして利用するための各種の設定などについて説明します。Linuxを利用する際の入門書として、ぜひお手許においていただきたい1冊です。

書誌情報

  • 著者: 中島能和, 飛田伸一郎
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2011-08-25)
  • 最終更新日: 2015-01-20
  • バージョン: 1.0.1
  • ページ数: 563ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: 翔泳社

対象読者

著者について

中島能和

Linux やセキュリティ、オープンソース全般の教育や教材開発に従事。現在、リナックスアカデミー専任講師。最近は、オカメインコのピィちゃん、クゥちゃんに振り回される毎日。主な著書は『Linux 教科書LPIC レベル1』『Linux 教科書LPIC レベル2』『zsh 最強シェル入門』(いずれも翔泳社)など。

飛田伸一郎

蓼科の宿泊施設で料理を作ったり、機械や設備の整備、修理などをしながら棲息中。普段はKDE 上で、Emacs22.x、rxvt-unicode-ml、Iceweasel などと共に生活している。

目次

1 CentOSとは

2 CentOSのインストール

3 基本操作

4 ファイル管理

5 ネットワークの設定

6 ユーザー管理

7 パッケージの管理とアップデート

8 起動と終了

9 デバイス管理

10 システム管理

11 セキュリティ

12 システムリソースの監視とパフォーマンス管理

13 KVMによる仮想化

14 DNSサーバ

15 メールサーバ

16 Webサーバ

17 SSH

18 FTPサーバ

19 Samba

20 NFS

21 キャッシュサーバ Squid

22 LDAPサーバ

Home 書籍一覧 Cent OS 徹底入門 第3版 ▲ ページトップへ戻る