試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 8.1 上級ガイド 最新OSをより快適に使おう

インプレス

1,524円+税

一歩先の使いこなし術を一挙に解説! まずはWindows 8.1の基本的な操作方法や、OSセットアップ時の注意点について説明。さらに、Windows 8.1の各種機能をカスタマイズすることで、よりいっそう便利に使うための情報も数多く盛り込みました。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

より使いやすいWindows 8.1にパワーアップ! 一歩先の使いこなし術を一挙に解説!

まずはWindows 8.1の基本的な操作方法や、OSセットアップ時の注意点を解説。

さらに、Windows 8.1の各種機能をカスタマイズすることで、よりいっそう便利に使うための情報も数多く盛り込みました。

Windows 8.1が初めてという方でも、本書の内容を参考にすれば、よりスムーズに使いこなせるようになります。

ぜひ快適なWindowsライフの第一歩を踏み出してください。

書誌情報

  • 著者: 大月宇美, 川崎亮, 清水理史, 正田拓也
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2013-12-13)
  • 最終更新日: 2014-01-31
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 352ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: インプレス

対象読者

Windows 8.1を利用しようとしている方、すでに利用している方で使いこなしたい方

著者について

大月宇美

茨城県生まれ。コンピュータ商社、出版社勤務を経て1999 年に独立。著書に『新標準HTML5 & CSS3辞典』(インプレスジャパン)、『ひと目でわかるMicrosoft Outlook 2013』(日経BP社)ほか。

川崎亮

PC&パーツを取り扱う老舗の、BTO商品企画業務などを経て2012年に独立。特に自作PCやAndroid端末などの分野に興味を持ち、その動向に注目している。

清水理史

1971年東京都出身。外資系企業のシステム管理者を経て、1997年にフリーライターとして独立。雑誌やWeb媒体を中心にOSやネットワーク、ブロードバンド関連の記事を数多く執筆。著書に『できるWindows 8.1』『できるポケット docomo AQUOS PHONE ZETA SH-01F 基本&活用ワザ 完全ガイド』(インプレスジャパン)ほか多数。

正田拓也

PCとの関わりは8ビット機やBASIC全盛の時代から。Windowsとの深い関わりは小規模企業の兼任システム管理者時代から。その後、インプレスWatch記者などを経てフリーライターへ。得意分野はPC全般からハンダゴテを使った自作系、通信系まで。

目次

はじめに

目次

第1章 OSの動作条件とハードウェアの準備

  • 1-1 マシンの性能を見極める
    • Windows 8.1の動作要件を満たしているか調べる
    • メモリ増設の最大容量を確かめる
    • HDDの増設や規格の違いについて知る
    • ビデオカードの性能を確かめる
    • インストール時に注意すべきデバイス
    • このスペックなら買い換えよう
  • 1-2 増設するかどうかを決める
    • メモリの増設を検討する
    • HDDかSSDか
    • ビデオカードの増設や交換を判断する
  • 1-3 古いマシンへのインストール
    • Windows 8.1の条件に合うかを判断する
    • スペックを判断するフリーソフトを利用する
    • メモリを増設しよう
    • SSDで高速化を図る
  • 1-4 便利なハードウェア
    • マウス
    • キーボード
    • タッチパネル付きの液晶ディスプレイ

第2章 Windows 8.1のインストールと設定

  • 2-1 インストールディスクの作成
    • Windows 8.1購入時にインストールメディアを用意
    • DVDにインストールディスクを作成する
    • Windows 8.1用のインストールメディアを作成する
  • 2-2 Windows 8.1のインストール
    • インストールを実行する
  • 2-3 起動OSとブートマネージャーの設定
    • マルチブートについて設定する
    • ブートマネージャーをカスタマイズする
    • ブートマネージャーの「OSタイトル名」を変更する
  • 2-4 サインインとアカウントの設定
    • パスワードなしでサインインする
    • ドメインに参加する
    • Microsoftアカウントとローカルアカウントの切り替え

第3章 新しいUIと主要アプリの使い方

  • 3-1 Windows 7との違い
    • Windows 7の機能や操作との比較
    • スタートメニューからスタート画面へ
  • 3-2 新しいユーザーインターフェイス(UI)の操作
    • タイル状のプログラムアイコン
    • [検索]からプログラムを起動する
    • プログラムを起動する
    • 従来のプログラムをスタート画面に追加する
    • アプリでMicrosoftアカウントを利用する
    • アプリをダウンロードする
    • アプリを購入する
  • 3-3 アプリの基本操作
    • アプリを起動する
    • アプリの表示切り替えと終了
  • 3-4 主要アプリの使い方
    • Internet Explorer
    • People
    • Skype
    • カレンダー
    • フォト
    • 天気
    • ストア
    • 地図
    • ニュース、スポーツ、ファイナンス、ヘルスケア&フィットネス
    • ゲーム
    • ミュージック
    • ビデオ
    • リーディングリスト

第4章 基本設定と電源のオン/オフ

  • 4-1 画面の配色と画像の設定
    • サインイン直後にデスクトップ画面を表示する
    • チャームを利用して設定を変更する
    • スタート画面の色や画像を変更する
    • ロック画面の画像とアプリ通知情報を変更する
    • アカウントの画像を登録する
    • ピクチャパスワードを利用する
    • Windows Updateを利用する
  • 4-2 ショートカットキーを使った操作
    • ショートカットキーを使いこなす
  • 4-3 管理コマンドの表示
    • 管理コマンドを表示する
    • ツールをアプリ一覧から実行する
    • 管理ツールをスタート画面に登録する
  • 4-4 PC終了オプションと電源ボタンの設定
    • PCの電源を切って終了する
    • 電源ボタンの動作を変更する
    • 「スリープ」が自動実行されないようにする
    • 「スリープ解除時」のパスワード入力を省略する
    • ハイブリッドスリープを設定する
    • 「休止状態」を無効に設定する

第5章 ネットワークの設定

  • 5-1 ホームグループの利用
    • ホームグループを設定する
    • ホームグループの共有フォルダーにアクセスする
    • ホームグループの設定を変更する
  • 5-2 ネットワーク設定の確認と変更
    • ネットワークの通信速度やIPアドレスを確認する
    • IPアドレスを固定で設定する
    • ネットワークの詳細設定を変更する
    • ネットワークアダプターを有効化/無効化する
    • 共有から利用できるアプリを変更する
    • PC設定の同期を変更する
    • Windowsファイアウォールの設定を変更する
    • SmartScreenフィルターを一時的に無効にする
  • 5-3 リモートデスクトップと仮想化システムの利用
    • リモートデスクトップを利用する
    • Hyper-Vの仮想スイッチを設定する
  • 5-4 無線ネットワーク
    • 無線LANの接続方法
    • 無線LAN接続の設定を変更する
    • 無線LANの概算データ通信量を表示する
    • 従量制課金接続に設定してPC設定同期を避ける
    • 機内モードで無線LANやBluetoothを無効にする
    • ネットワーク上の機器のIPアドレスを簡単に確認する
  • 5-5 その他のネットワーク機能の利用
    • SkyDriveを活用する
    • メディアストリーミングを利用する
    • 写真や音楽をDLNA対応テレビで再生する
    • プリンターを共有する

第6章 Windows 7風に使うための設定

  • 6-1 UIや表示の変更
    • 最初からデスクトップで立ち上げる
    • Windows 8.1のUIを変更して旧Windows OS相当を実現
    • デスクトップの装飾を簡素化する
    • 言語バーを表示して従来のように日本語入力を使う
    • エクスプローラーのリボンを無効にする
    • エクスプローラーの「検索ボックス」
  • 6-2 ユーザーアカウント制御やファイル拡張子の表示設定
    • UAC(User Account Control)レベルの設定を変更する
    • UACの設定を元に戻す
    • ファイルの拡張子を表示する
    • システムファイルを表示する
  • 6-3 コントロールパネルの検索と起動
    • コントロールパネル内の項目をキーワード検索する
    • 目的別コントロールパネルにアクセスする
    • コントロールパネル項目の一発起動

第7章 サインイン/デスクトップ画面の変更とマルチモニターの利用

  • 7-1 サインイン設定の変更
    • パスワード入力を省略し自動サインインできるようにする
    • Ctrl+Alt+Delキーで安全にサインインする
    • サインイン画面にユーザーの一覧を表示させない
    • サインイン画面に特定のユーザーのみ表示しない
    • サインインの前に定型メッセージを表示する
    • サインイン画面でNumLockを有効にする
  • 7-2 デスクトップ画面のカスタマイズ
    • 解像度や「向き」を変更する
    • デスクトップのテーマを変更する
    • 背景の壁紙やウィンドウの色調を変更する
    • 画面のロックにスクリーンセーバーを使う
    • デスクトップにアイコンを表示する
    • デスクトップ上のアイコンのサイズを変更する
    • デスクトップ上の項目のサイズを変更する
    • 項目のテキストサイズを変更する
  • 7-3 マルチモニターの利用
    • Windows 8.1をマルチディスプレイで利用する
    • モニターごとに別の背景画像を表示する
    • マルチモニターでのタスクバーを設定する
    • マルチモニターでのマウスとキーの操作

第8章 起動/終了のカスタマイズ

  • 8-1 起動時刻と終了時刻
    • Windowsの起動時刻と終了時刻を調べる
    • Windowsの起動に要する時間を調べる
    • 不要なサービスを停止して起動を高速化する
  • 8-2 シャットダウン/再起動/スリープの設定
    • 高速スタートアップを無効にして完全にシャットダウンする(コールドスタートの設定)
    • パソコンを再起動するショートカットをデスクトップに作成する
    • Windows Updateの自動更新後の自動再起動を抑制する
    • システムエラー時に再起動しないように設定する
    • Windowsの終了、再起動、スリープなどの操作を禁止する
    • ページングファイルを読み取られないようシャットダウン時に「ゼロクリア」する

第9章 プログラムと仮想メモリの制御

  • 9-1 プログラムの常駐/自動起動
    • タスクマネージャーでプロセスやプログラムを確認する
    • 自動起動されるプログラムを確認する
    • 不要な常駐プログラムの起動を無効化する
    • 「アプリケーション/ツールのアンインストール」による自動起動の解除
    • 「アプリケーション設定」により自動起動を解除する
  • 9-2 プログラムの自動実行
    • ディスクデフラグツールの自動実行スケジュールを停止する
    • 「システムの復元」を無効化する
    • 「Windows Defender」の自動スキャン/常駐を停止する
    • Windows Updateの自動更新設定を変更する
  • 9-3 仮想メモリ
    • ページングファイル(仮想メモリ)の設定手順
    • ページングファイルサイズを最適化する
    • メモリが十分な環境でページングファイルなしで利用する
  • 第10章 タスクバーとデスクトップ
  • 10-1 タスクの確認と操作
    • タスクバーアイコンを使ったタスクの確認
    • タスクバーアイコンで進行状況をチェックする
    • タスクバーによるアプリケーション操作
    • デスクトッププレビュー機能の使い方
    • タスクバーアイコンでのアプリケーションの複数起動
    • タスクバーアイコンのエクスプローラーをカスタマイズ
  • 10-2 タスクバーへの登録・削除
    • アプリケーションをタスクバーアイコンとして登録
    • タスクバーアイコンに起動中のプログラムを登録
    • タスクバーアイコンの削除
    • タスクバーアイコンを並べ替える
    • タスクバーの縦置きと多段化
  • 10-3 ジャンプリスト
    • ジャンプリストの表示と「最近使ったもの」
    • ジャンプリストにファイルを「ピン留め」
    • タスクバーにデータファイルをドロップ
    • タスクバーでデータファイルのプロパティを参照
    • 「最近使ったもの」に登録されているファイルを削除する
    • ネットワーク上のファイルをジャンプリストから除外
    • 「最近使ったもの」に表示するファイルの数を調整
    • ログオフ時に「最近使ったもの」のリストを自動で削除
  • 10-4 通知領域の操作とカスタマイズ
    • 通知領域にあるアイコンの表示
    • 通知領域のアイコン表示をカスタマイズ
    • 通知領域におけるシステムアイコンの設定
    • 曜日とカレンダーを見る
    • バルーンメッセージの表示時間の変更
    • アクションセンターの通知内容の設定
  • 10-5 デスクトップとウィンドウ
    • デスクトップ上のアイコンにアクセス
    • ライブラリを利用する
    • ショートカットキーでのファイルの操作
    • ショートカットキーでのウィンドウの操作
    • エクスプローラーの表示内容をすばやく切り替え
    • ウィンドウを半面表示
    • ウィンドウを垂直方向に最大化
    • ウィンドウの最大化
    • 非アクティブなウィンドウを最小化する
    • ショートカットキーでのアプリケーション切り替え
    • デスクトップの一部を拡大表示
    • 壁紙の自動切り替え
  • 10-6 エクスプローラーの設定と操作
    • Windows 8.1エクスプローラーの機能
    • 特定のフォルダーにすばやくアクセス
    • PC内のファイルの検索
    • 検索したファイルを開く
    • 同じ検索を実行する
    • 検索の履歴を削除する
    • 検索インデックスを設定する
    • マイドキュメントの場所の変更
    • シンボリックリンクの作成

第11章 ドライブの活用を極める

  • 11-1ディスクの設定/管理
    • ボリュームのサイズを縮小
    • ボリュームのサイズを拡張
    • ドライブ文字を変更する
  • 11-2 記憶域
    • 記憶域とは
    • 記憶域を作成する
    • 記憶域の容量を実際よりも大きく設定する
  • 11-3 SSD+HDD混在環境での最適設定
    • 補完関係になれるSSDとHDD
    • データフォルダーをSSDからHDDに割り当て直す
    • SSDの最適化をキャンセルする
    • Superfetchを無効にする
    • SSDのインデックス化を無効にする
  • 11-4 NASの活用
    • NASを利用する
    • [ダウンロード]などのリンク先をNASに変更する
    • ファイル履歴をNAS上に保管してデータを復元可能にする
    • iSCSIイニシエーターでNAS上のボリュームを接続する

第12章 レジストリとコマンド

  • 12-1レジストリの操作
    • レジストリエディターを起動する
    • レジストリのキーを新規に作成する
    • レジストリのキーに値を新規に作成する
    • レジストリのキーの値のデータを変更する
    • レジストリのキーや値を削除する
    • レジストリのキーと値をバックアップする
    • レジストリのキーと値を復元する
  • 12-2 コマンドの実行
    • コマンドプロンプトを起動する
    • エクスプローラーから任意の場所でコマンドプロンプトを起動する
    • コマンドプロンプトとデスクトップ間でコピー&ペーストを実行する
    • コマンド実行後の結果表示をテキストに出力する(リダイレクト)
    • 履歴を利用してコマンドを入力する
    • バッチファイルを作成する

第13章 フォルダーの操作とカスタマイズ

  • 13-1 ファイルやフォルダーの操作
    • チェックボックスを使ってファイルやフォルダーを選択する
    • ファイルを開かずにプレビューで内容を確認する
    • フォルダーやファイルを更新日時や条件ごとにグループ化する
    • フォルダー構成がひと目でわかるようにツリーを自動的に展開させる
    • 階層の深いフォルダーをすばやく開く
  • 13-2 ショートカットメニュー
    • ショートカットメニューの[新規作成]から不要な項目を非表示にする
    • ショートカットメニューでファイルのパス名をコピーする
    • ショートカットメニューに[フォルダーへ移動]を追加する
    • 「Shell」コマンドで開くことができる特殊フォルダーとは
  • 13-3 圧縮と暗号化
    • フォルダーをNTFS形式で圧縮してドライブの空き容量を増やす
    • フォルダーを暗号化してパソコンの盗難時などにデータを保護する
    • 暗号化したファイルを別のパソコンからアクセス可能にする
    • USBメモリの内容を暗号化してパスワードでデータを保護する
    • HDDやSSDのドライブをBitLockerでまるごと暗号化する
    • BitLockerを無効にするには
    • ファイルを暗号化するメニューをショートカットメニューに追加する
  • 13-4 検索
    • ANDやORで条件を指定して複数のキーワードで検索する
    • 文書ファイルに含まれる単語や文を常にキーワードにして検索する
    • アドレスバーや検索ボックスから共有フォルダーに直接アクセスする
    • ほかのパソコンの共有フォルダーにドライブ名を割り当てる
    • 共有フォルダーにThumbs.dbを作成しないようにする
    • 名前を知らないとアクセスできない隠し共有フォルダーを作成する

索引

Home 書籍一覧 Windows 8.1 上級ガイド 最新OSをより快適に使おう ▲ ページトップへ戻る