試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

上級ユーザーのためのWindows 10アップグレード技術ガイド

インプレス

900円+税

Windows 10へのアップグレードは意外と煩雑です。ユーザー環境ごとにどの方法が向いているか、ライセンス認証とアップグレードの関係、ファームウェア(BIOS、UEFI)とパーティションの関係、アップグレード後に再インストールが必要になった場合の対応についても解説します。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

Windows 10では、これまでのWindowsとリリース形態も違います。メジャーアップデートが予定されておらず、Windows Updateで年に何回かの機能向上が行われ、長期間にわたって使われていくことになります。1回インストールしたら、これまでのように、メジャーアップデートでまっさらなWindowsからスタートというわけにもいきません。これまでのアップグレードとは異なり、Windows 10へのアップグレードは、十分検討したうえで取り組むべきでしょう。
 Windows 10へのアップグレードは、Windows Update経由で行う方法、メディア作成ツールを使ったダウンロードによる方法、アップグレードメディアを利用する方法など、いくつかの選択肢があり、意外と煩雑です。ユーザー環境ごとにどの方法が向いているか、ライセンス認証とアップグレードの関係、ファームウェア(BIOS、UEFI)とパーティションの関係、アップグレード後に再インストールが必要になった場合の対応についても解説します。また、ユーザーの情報収集の助けとなるように、主要メーカーのWindows 10対応URL、トラブルシューティングのFAQも掲載しました。

書誌情報

  • 著者: 塩田紳二
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2015-10-23)
  • 最終更新日: 2015-10-23
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 104ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

PCの自作、Windowsシステムのカスタマイズやチューニングを積極的に行うWindowsパワーユーザー

著者について

塩田紳二

コンピュータ、ネットワーク、インターネット全般のフリーライター。雑誌編集者、電機メーカーを経て現職。インプレス、日経BPなどの専門誌やWeb雑誌での連載、記事企画協力などを行う。PDAからサーバーまでの技術解説や入門からシステム構築まで「ゲームとアダルト」を除く幅広い分野をカバー。著書多数あり。

目次

はじめに

事前準備

第1章 Windows 10のインストールとアップグレード

  • 1-1 Windows10をインストールする
  • 1-2 Windowsのインストールタイプ
  • 1-3 デバイスドライバの対応
  • 1-4 インストール方法による違い

第2章メディア作成ツール

  • 2-1 メディア作成ツールの機能
  • 2-2 メディア作成ツール(MCT)を入手する

第3章インストールの流れ

  • 3-1 Windows10のインストール手順
  • 3-2 WindowsUpdateによるアップグレード
  • 3-3 WindowsUpdateでのインストール手順
  • 3-4 MCTでのインストール手順
  • 3-5 SETUP.EXEでのインストール手順
  • 3-6 インストールメディアで起動したインストール
  • 3-7 パーティションの再作成

第4章パーティションテーブル形式とファームウェア

  • 4-1 UEFIとBIOS
  • 4-2 パーティションの種類
  • 4-3 Windowsのバージョンとファームウェア対応

第5章再インストールとパーティションの再作成

  • 5-1 Windows10の再インストール
  • 5-2 パーティションテーブル形式の変換
  • 5-3 作業の全体的な手順
  • 5-4 Windows.oldフォルダーを削除する

Appendix

終わりに

Home 書籍一覧 上級ユーザーのためのWindows 10アップグレード技術ガイド ▲ ページトップへ戻る