試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

詳解VMware NSX ネットワーク仮想化の基礎と応用

インプレス

5,400円+税

クラウド全盛の今、注目されるネットワークの仮想化技術。本書は、ヴイエムウェア株式会社の提供する「VMware NSX」で実現するその技術について、基礎知識から応用活用までを徹底的に解説した公式の技術解説書です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

ヴイエムウェア株式会社の先鋭による、世界初の「VMware NSX」公式技術解説書!

OpenFlow、OpenStack、SDDCなどを含めた、ヴイエムウェア社が提供するネットワーク仮想化ソフトウェア「NSX」の、技術背景・基礎知識から設計・運用までを体系的に解説しています。

日本語での試験も開始されるヴィエムウェア社の「VCP-NV」を取得したい受験者にも役立つ情報が満載です!

書誌情報

  • 著者: 進藤 資訓, 水本 真樹, 田中 洋, 横井 智樹, 髙田 和美, 小椋 康平
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2014-11-13)
  • 最終更新日: 2014-12-04
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 528ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

・VCP-NV資格の取得を目指すエンジニア
・ネットワークエンジニア
・クラウドに興味があるサーバ・ミドルウェアエンジニア

著者について

進藤 資訓

テクニカルリーダー(ヴイエムウェア ネットワーク&セキュリティ事業部)。1988年東京電力入社、1992年カーネギーメロン大学コンピュータ科学学科に入学。アセンド、コサイン、プロキシム等の外資系ネットワークベンダーを経て、2004年にファイブ・フロントを設立しCTOに就任。2011年にニシラ・ジャパンに入社し第一号社員となる。2012年ヴイエムウェアのニシラ買収にともないヴイエムウェアに移り、現在はネットワーク仮想化に従事。講演・執筆多数。

水本 真樹

ソリューションズアーキテクト(ヴイエムウェア ネットワーク&セキュリティ事業部)。2013年から現職。ソリューションズアーキテクトとして活動するとともに、米国本社や国内のNSXクラウドの運用、VIOの開発やテストにも参加。Webアプリケーション開発とセキュリティ、SDKやAPIの開発支援、エンタープライズセキュリティ、ファイアウォール・VPNなどのネットワーク・セキュリティ技術を担当、前職東京エレクトロンデバイスではNicira NVPなどのSDN関連やOpenStack関連を担当、関西大学卒。

田中 洋

ソリューションズアーキテクト(ヴイエムウェア ネットワーク&セキュリティ事業部)。外資系大手ネットワーク企業でサポート・コンサルテーションを担当、ニシラを経てヴイエムウェア入社。専業でネットワーク仮想化に関わるほか、Unix/Linux、Open vSwitch、分散データベースやOpenStackなど、関連する諸技術にも深い造詣を持つ。保有資格はCCIE/VCAP-DCA/VCP-NVなど。

横井 智樹

システムズエンジニア(ヴイエムウェア ネットワーク&セキュリティ事業部)。フリーランスでサーバ、ネットワークエンジニアとして大手のサービスプロバイダ、証券会社、EC企業などのプロジェクトに参画し、楽天やグリーでサーバエンジニアとして活躍。ヴイエムウェア入社後はネットワーク仮想化の専任プリセールスエンジニアとして従事。

髙田 和美

シニアスペシャリスト(ヴイエムウェア ソリューション本部所属)。システムインテグレーターで主にメインフレームとネットワーク関連、外資系ネットワークベンダーでネットワーク、サーバ、ストレージ、セキュリティ、音声などインフラ関連を幅広く担当。現在はネットワーク仮想化に加えクラウド管理製品を担当。保有資格はCCIE/VCP-NV。

小椋 康平

ソリューションズアーキテクト(ヴイエムウェア ネットワーク&セキュリティ事業部)。外資系大手ネットワーク企業でサービスプロバイダやモバイルキャリアのコアネットワーク向けコンサルテーションを担当。現在ネットワーク仮想化に関するコンサルテーションに従事。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科卒。CCIE #25008。

目次

マーティン・カサドから

はじめに

目次

Chapter01 技術背景と定義

  • 1-1 ネットワーク仮想化とは?
  • 1-2 ネットワーク仮想化の歴史
  • 1-3 既存ネットワーク仮想化の問題点
  • 1-4 SDNとOpenFlow
  • 1-5 ヴイエムウェアのネットワーク仮想化

Chapter02 標準化とメリット

  • 2-1 ネットワーク仮想化の標準化状況
  • 2-2 ネットワーク仮想化によるメリット
  • 2-3 ネットワーク仮想化が変えるインフラ基盤

Chapter03 既存ネットワークの課題

  • 3-1 既存ネットワークと仮想化技術
  • 3-2 VLAN問題
  • 3-3 インフラの要件とネットワーク基盤の複雑性
  • 3-4 セキュリティアーキテクチャ
  • 3-5 インフラ基盤のライフサイクル

Chapter04 ネットワーク仮想化のAPI

  • 4-1 WEB API
  • 4-2 従来のネットワーク基盤におけるAPI
  • 4-3 ネットワーク仮想化基盤におけるAPI
  • 4-4 ネットワーク仮想化基盤でのAPIの利用例

Chapter05 NSXの技術解説

  • 5-1 NSXのアーキテクチャ概要
  • 5-2 NSX各種コンポーネント
  • 5-3 NSXの機能と概念
  • 5-4 NSX for vSphere技術解説
  • 5-5 NSXが提供する機能

Chapter06 OpenStackとNeutron

  • 6-1 OpenStack
  • 6-2 多階層アプリケーション環境の構成
  • 6-3 OpenStackとNeutron
  • 6-4 NeutronとNSXの連携
  • 6-5 OpenStackの構成例と運用
  • 6-6 VMware OpenStackソリューション

Chapter07 SDDCとNSX

  • 7-1 NSXのユースケース
  • 7-2 NSXの設計と構築
  • 7-3 NSXのネットワークセキュリティサービス
  • 7-4 VMware NSXエコシステム
  • 7-5 NSXの運用
  • 7-6 VMware NSXとSDDC

索引

謝辞

著者プロフィール

Home 書籍一覧 詳解VMware NSX ネットワーク仮想化の基礎と応用 ▲ ページトップへ戻る