試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Unreal Engine 4の歩き方

インプレス

1,500円+税

GDC 2015で事実上の無料化が宣言された話題のゲームエンジン「Unreal Engine 4」。この本では、Unreal Engine 4(UE4)の入門以前となる、UE4の豊富な機能やエディタの概要を解説しています。100ページちょっとで手軽にサクッと読める一冊です!

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

GDC 2015で事実上の無料化が宣言された話題のゲームエンジン「Unreal Engine 4」。この本では、Unreal Engine 4(UE4)の入門以前となる、UE4の豊富な機能やエディタの概要を解説しています。UE4を使い始めて、機能や編集機能の豊富さを目の当たりにして途方に暮れる前に、本書で機能やエディタを一通り把握しておくと、目的の作業を行う際や、リファレンスマニュアルで調べる際にも、その知識が役に立ちます。100ページちょっとで手軽にサクッと読める一冊です!

書誌情報

  • 著者: 出村成和
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2015-04-24
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 126ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

UE4を使い始めたばかりの人をメインに、実際にゲームを作り込む前段階でまずはUE4の豊富な機能やエディターの概要を掴んでおきたいといった人を対象にしています。

著者について

出村成和

フリーランスプログラマー。主にC、C++、アセンブラがメインでいろいろと活動中。PS1、PS2を中心にゲーム開発に携わっていた時期がある。Oculus RiftなどのVR環境を使ってソフトを作ろうかと画策中。

目次

はじめに

第1章 Unreal Engine 4とは

  • 1.1 Unreal Engine 4ってどんなソフト?
  • 1.2 得意なジャンル、不得意なジャンル
  • 1.3 契約について

第2章 ゲーム開発の流れが変化する

  • 2.1 誕生した背景
  • 2.2 業種間の壁
  • 2.3 制作プラットフォームとしてのUE4

第3章 機能一覧

  • 3.1 機能概要
  • 3.2 プログラミング
  • 3.3 できないこと
  • 3.4 物理ベースレンダリング

第4章 レベル設計

  • 4.1 レベルの作成
  • 4.2 指定可能な機能
  • 4.3 ポストプロセスエフェクト
  • 4.4 スタティックメッシュ

第5章 マテリアル

  • 5.1 マテリアルとは
  • 5.2 基本パラメータ
  • 5.3 シェーディング

第6章 キャラクター

  • 6.1 必要なデータ
  • 6.2 アニメーション
  • 6.3 キャラクターデータをインポートする
  • 6.4 豊富なアニメーション制御

第7章 コリジョン

  • 7.1 コリジョンの形状設定
  • 7.2 コリジョン反応
  • 7.3 イベント

第8章 プログラミング

  • 8.1 実装済みの処理
  • 8.2 2つのプログラミング環境
  • 8.3 ブループリントとC++の使い分け
  • 8.4 ソースコード管理
  • 8.5 カメラ

第9章 パーティクル

  • 9.1 パーティクルの用途
  • 9.2 作成・編集方法

第10章 サウンド

  • 10.1 BGMを再生する
  • 10.2 SEを再生する
  • 10.3 臨場感を高める

第11章 PhAT

  • 11.1 3Dモデルに沿ったコリジョン
  • 11.2 編集方法

第12章 GUI

  • 12.1 UMGでできること
  • 12.2 その他の便利な機能

第13章 その他の機能

  • 13.1 マチネ
  • 13.2 ビヘイビアツリー
  • 13.3 プラグイン
  • 13.4 マーケット
  • 13.5 ソースコード公開

第14章 学習方法

  • 14.1 チュートリアルビデオを観る
  • 14.2 サンプルプロジェクトを実行する
  • 14.3 困った時は
Home 書籍一覧 Unreal Engine 4の歩き方 ▲ ページトップへ戻る