試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

three.js によるHTML5 3D グラフィックス 上

カットシステム

3,400円+税

three.jsの基礎から、3次元オブジェクトの描画・制御/シェーディング/ライティング/シャドーイングのJavaScriptプログラミング手順とクラスリファレンスまで、多数のサンプルでオブジェクトの使い方とその効果が理解できる!

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

HTML5の登場により、ブラウザで動いているとはとても思えないようなハイクオリティな3Dグラフィックスを、特殊な環境を必要とせずに、ブラウザとテキストエディタのみで、ネイティブアプリケーション並みなハイパフォーマンスで実装できる時代が到来しました。これを可能としたのが、HTML5で初めて登場したWebGLという新しい規格です。しかしながら、WebGLは非常に精密なグラフィクスを制作できる反面、難解で非常に敷居が高いと言われており、WebGLを簡単に取り扱えるライブラリが望まれていました。そこで登場したのが、本書で取り扱うthree.jsです。

本書は、HTML5で3Dグラフィックスを実現するthree.jsの使い方を、コンピュータグラフィクス未経験者でも理解できる手順で、豊富なサンプルを用いて実践的に学んでいくことを目的としています。

※付録として、サンプルコードをzipファイルの形式で配布しております。

書誌情報

  • 著者: 遠藤 理平
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2013-10-10)
  • 最終更新日: 2013-10-10
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 324ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, ZIP
  • 出版社: カットシステム

対象読者

著者について

遠藤 理平

東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了、博士(理学)。有限会社FIELD AND NETWORK代表取締役、特定非営利活動法人natural science代表理事。利酒道二段。第32回全国きき酒選手権大会出場。宮城の日本酒を片手に物理シミュレーションが趣味。

目次

第1章 HTML5グラフィックス

  • 1.1 HTMLとグラフィックス
  • 1.2 HTML5文書の基本形
  • 1.3 動的な三角形の描画(DHTML)
  • 1.4 Canvas 2D Contextによる三角形の描画
  • 1.5 WebGL Contextによる三角形の描画
  • 1.6 SVGによる三角形の描画

第2章 three.jsの基礎

  • 2.1 three.jsの準備
  • 2.2 three.jsの基本形
  • 2.3 レンダラーオブジェクトとシーンオブジェクト
  • 2.4 軸オブジェクトと矢印オブジェクト
  • 2.5 透視投影カメラと正投影カメラ

第3章 3次元オブジェクトの描画

  • 3.1 立方体オブジェクトの描画方法
  • 3.2 様々な形状オブジェクト
  • 3.3 材質オブジェクトの基底クラス
  • 3.4 形状オブジェクトの基底クラス
  • 3.5 点オブジェクト
  • 3.6 線オブジェクト
  • 3.7 三角形オブジェクト
  • 3.8 その他のオブジェクト
  • 3.9 精密な形状オブジェクトの生成方法

第4章 3次元オブジェクトの制御

  • 4.1 様々な数学クラス
  • 4.2 移動・回転・拡大
  • 4.3 three.jsによるアニメーション
  • 4.4 マウスによるカメラコントロール
  • 4.5 マウスによるオブジェクトの操作

第5章 シェーディング

  • 5.1 シェーディングの基本
  • 5.2 平行光源オブジェクトの準備
  • 5.3 反射材質オブジェクトの準備
  • 5.4 法線の設定

第6章 ライティングとシャドーイング

  • 6.1 点光源
  • 6.2 スポットライト光源
  • 6.3 環境光源
  • 6.4 半球光源オブジェクト
  • 6.5 シャドーイングの方法
Home 書籍一覧 three.js によるHTML5 3D グラフィックス 上 ▲ ページトップへ戻る