試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ白書2015

インプレスR&D

4,800円+税

アプリマーケットからマーケティングまで、これからのビジネスはスマホから考える

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム編集による定番のモバイルビジネス年鑑。いまやスマホはゲーム、音楽、動画、電子書籍など様々な分野のコンテンツ流通において欠かせないプラットフォームとなり、モバイルコンテンツ市場1兆783億円の約8割を生み出すまでに成長しています。また、一般企業にとっても、ECやマーケティングのターゲットデバイスとして、いよいよスマホの本格的な活用が期待されています。本書は、そんなスマホの普及動向からグローバル競争を視野に入れたコンテンツビジネスの動きまで統計資料と識者の寄稿によって解説しています。また、将来のIoT市場の拡大を睨んだモバイルアプリの開発環境、音楽著作権などの知的財産権の動向、利用者情報の保護に伴う法改正の解説など、ビジネスのみならず、技術や社会的視点での解説も掲載しています。これからスマホをビジネスに活用される方々に必読の内容となっています。

書誌情報

  • 著者: 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2015-07-15
  • バージョン: 1.1.0
  • ページ数: 196ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム

モバイルコンテンツ環境活性化のため、モバイルコンテンツ配信事業に関連する企業が参加する業界団体。モバイルコンテンツ関連産業の健全な発展のため、消費者や関係団体等と円滑な関係を構築し社会との共存共栄を目指して、業界および会員の活動をサポートしていくことをミッションとして活動している。会員数はコンテンツプロバイダーを中心に141社(2015年3月現在)。http://www.mcf.or.jp/

目次

第1部 スマートフォン普及動向

  • 1-1 国別市場占有率比較
  • 1-2 メディアブランド
  • 1-3 デモグラフィック
  • 1-4 機種トレンド
  • 1-5 国内ユーザー利用状況
  • 1-6 世界のアプリ市場

第2部 アプリ・コンテンツビジネス動向

  • 2-1 コンテンツ市場全体動向
  • モバイルコンテンツの市場規模とその動向
  • 2-2 アプリ
  • スマートフォンアプリマーケットの動向
  • 2-3 コンテンツ
  • 2014年のスマホゲーム市場の概況
  • 動画配信ビジネスの動向
  • 音楽配信サービスの動向
  • モバイル環境における電子書籍/電子雑誌の動向
  • 2-4 グローバル展開
  • コンテンツビジネスのグローバル展開
  • スマホコンテンツの海外展開と国内受け入れ体制について
  • 2-5 コマース
  • 2014年のモバイルコマース市場
  • 2-6 広告
  • モバイル広告市場の現状と見通し
  • スマートフォン時代のモバイルマーケティング動向
  • 2-7 ベンチャー/話題
  • 通信キャリアのスタートアップ動向
  • モバイルアプリ業界とハッカソン~SPAJAMの事例を通して

第3部 OS/プラットフォーム動向

  • 3-1 プラットフォーム
  • 世界と日本のスマートフォン市場推移
  • 3-2 開発環境
  • モバイルアプリ開発環境の現状

第4部 通信事業者動向

  • 4-1 国内通信事業者
  • 国内モバイルキャリアの戦略
  • 4-2 MVNO
  • MVNOの動向
  • 4-3 海外事業者
  • LTEとグローバルメガギャリアの動向

第5部 社会動向

  • 5-1 法制度
  • 利用者情報の活用に伴う法制度の動き
  • 知的財産権の動向

第6部 付録

  • 6-1 国内iOSアプリ月間ランキング
  • 6-2 国内Google Playアプリ月間ランキング
  • 6-3 国内iOSアプリ月間ランキング
  • 6-4 国内Google Playアプリ月間ランキング
  • 6-5 アワード/コンテスト紹介
  • モバイルプロジェクトアワード2014受賞プロジェクト
  • 「スマートフォンアプリジャム2014」受賞チーム一覧
Home 書籍一覧 スマホ白書2015 ▲ ページトップへ戻る