試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

SoftLayer詳細解説ガイド

インプレス

1,980円+税

SoftLayerを知り尽くした日本アイ・ビー・エム社のエンジニアによるSoftLayerを使いこなし実際に運用するためのノウハウが満載の一冊。サーバーストレージネットワークから負荷分散セキュリティ監視認証API活用まで、詳細内容が網羅されています!

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

SoftLayerを知り尽くした日本アイ・ビー・エム社のエンジニアによるSoftLayerを使いこなし実際に運用するためのノウハウが満載の一冊。サーバーストレージネットワークから負荷分散セキュリティ監視認証API活用まで、詳細内容が網羅されています!
本書は、2014年1年間に十数回開催された、SoftLayerビジネスパートナー向けの技術研修セミナー資料と、2014年12月からSoftLayer日本語コミュニティで公開されているSoftLayerの技術文書「技術よりな人が最初に読む柔らか層本」を再編したものです。最新情報はWeb、最新のクラウド・セミナー、有償のSoftLayer セミナーなどで入手してください。ハンズオン資料はイベントなどで個別に実施していた資料をご参考ください。

  • 第1章 SoftLayer概要
  • 第2章 SoftLayerアーキテクチャ
  • 第3章 サーバー
  • 第4章 ネットワーク
  • 第5章 ストレージ
  • 第6章 セキュリティ
  • 第7章 監視
  • 第8章 API
  • 第9章 サポート
  • 第10章 参照リンク
  • 第11章 無償トライアルのはじめ方

書誌情報

  • 著者: 安田智有, 安田忍, 畑大作, 山本直哉, 玉川雄一, 佐々木敦守, 木村了
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2016-02-26)
  • 最終更新日: 2016-02-26
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 164ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

SoftLayerの詳細を理解、評価したい方・クラウド・サービスをビジネス面および技術面から、お客様への提案ソリューションとして評価、決定する責任者の方・アーキテクト・アプリケーション開発者・セキュリティ・スペシャリスト・ストレージ・スペシャリスト・ネットワーク・スペシャリスト

著者について

安田智有

シニア・アーキテクト、クラウド・マイスター/担当:イントロ、第1章、第2章、第11章Javaプログラマーとして日本国内の音楽配信アプリの開発、グリッド・コンピューティングを活用したシステム開発を経て、現在は主にSoftLayerを活用したシステムの設計を担当。クラウドにおけるHPC、CAEなどの講演多数。サーバー周りの経験を基に、エンタープライズシステムやゲームインフラの設計も幅広く手がける。

安田忍

コンサルティング・ITスペシャリスト、クラウド・マイスター/担当:第6章、第9章ソフトウェア開発研究所での製品開発、データベース製品を中心としたミドルウェア・サービスのデリバリーを経て、2011年よりIBMのクラウド関連業務に従事。現在は主にクラウドに関連するプリセールスを担当。2014年12月の東京データセンター立ち上げ時には、SoftLayerの中の人として日本でのL1テクニカルチームをリード。

畑大作

シニア・ITスペシャリスト、クラウド・マイスター/担当:第4章Tivoliを中心としたシステム管理のテクニカル・サポート、プロジェクト支援に従事したのち、主にSoftLayerのテクニカル・セールスを担当。2014年12月の東京データセンター立ち上げ時には、SoftLayerの中の人として日本でのL1テクニカルチームにメンバーとして参画。

山本直哉

シニア・ITスペシャリスト/担当:第8章アプリケーション・サーバー、データベース、オートメーションなどのミドルウェアのデリバリー・サービスを経て、現在はデリバリー・サービスのプリセールスを担当。IBMのパブリック・クラウドを活用したソリューションの作成も行っている。SoftLayerの情報共有を目的とした非公認IBM社内コミュニティー「SoftLayer Shallow Diver's Club」を主催している。

玉川雄一

シニア・ITスペシャリスト/担当:第5章Power Systemsやストレージ(DS8000、XIV等)を使用したエンタープライズ向けシステムの設計・構築・運用やプロジェクト管理を担当したのち、現在は、主にSoftLayerのテクニカル・セールスとして活動。プリセールスのほか、技術記事の執筆や講演活動も行っている。最近の仕事以外の関心事は、娘2人と遊ぶこと。

佐々木敦守

アドバイザリー・アーキテクト/担当:第3章、第10章日本IBMが提供する企業向けプライベート・クラウド・サービス(IBM Computing on Demand、IBM Cloud Showcase)のインフラ設計・構築・運用に従事した後、2014年より、クラウドのテクニカル・セールスを担当。現在はSoftLayer Digital Salesの立ち上げのためシドニーに赴任中。

木村了

ITスペシャリスト/担当:第7章WebSphereのテクニカル・サポートに従事したのち、現在はSoftLayerのテクニカル・セールスを担当。2014年12月の東京データセンター立ち上げ時には、SoftLayerの中の人として日本でのL1テクニカルチームに参画。

目次

最初に

  • トレードマーク
  • 本書の位置づけ
  • 本書の編集に参加したエンジニア(順不同)
  • 本書が対象としている読者
  • 前提スキル

目次

第1章 SoftLayer概要

  • 1.1 SoftLayerとは
  • 1.2 SoftLayerの特徴
  • 1.3 SoftLayerで無償で利用できるもの

第2章 SoftLayerアーキテクチャ

  • 2.1 基本的スタンス
  • 2.2 アーキテクチャ概要
  • 2.3 サービス・レベル・アグリーメント(SLA)

第3章 サーバー

  • 3.1 SoftLayerが提供するサーバー
  • 3.2 仮想サーバー
  • 3.3 ベアメタル・サーバー
  • 3.4 イメージ・テンプレート
  • 3.5 プロビジョニング・スクリプト
  • 3.6 GPU
  • 3.7 POWER8
  • 3.8 Intel TXT
  • 3.9 プライベート・クラウドを構築する

第4章 ネットワーク

  • 4.1 ネットワーク・アーキテクチャ概要
  • 4.2 ネットワーク・コンポーネント

第5章 ストレージ

  • 5.1 基本
  • 5.2 コンポーネント
  • 5.3 バックアップ

第6章 セキュリティ

  • 6.1 はじめに
  • 6.2 クラウドは本当に危ないのか?
  • 6.3 SoftLayerでのセキュリティの考え方
  • 6.4 クラウド業者と利用者の責任範囲の境界
  • 6.5 SoftLayerの責任領域
  • 6.6 利用者責任のセキュリティ部分を実装する
  • 6.7 その他

第7章 監視

  • 7.1 基本
  • 7.2 コンポーネント

第8章 API

  • 8.1 基本
  • 8.2 構造
  • 8.3 API利用例

第9章 サポート

  • 9.1 はじめに
  • 9.2 SoftLayerのサポート体制
  • 9.3 質問の種類
  • 9.4 チャットでの質問方法(外部ページ)
  • 9.5 チャット・電話での質問方法(カスタマーポータル)
  • 9.6 チケットでの質問方法
  • 9.7 チケットの更新
  • 9.8 メンテナンス情報の通知
  • 9.9 その他、製品のライフサイクルポリシー

第10章 無償トライアルのはじめ方

  • 10.1 1ヶ月間の「FREE Cloud」
  • 10.2 サーバーの削除(キャンセル)
  • 10.3 各種キャンペーン

第11章 参照リンク

  • 11.1 技術情報(SoftLayer発信)
  • 11.2 活用技術情報(日本IBM発信)
  • 11.3 技術情報(コミュニティ発信)
  • 11.4 全体的に情報収集したいとき
  • 11.5 コミュニティ・サイト

索引

著者紹介

Home 書籍一覧 SoftLayer詳細解説ガイド ▲ ページトップへ戻る