試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Raspberry Piユーザーガイド 第2版

インプレス

2,340円+税

世界的なブームとなっている名刺サイズのコンピューター「Raspberry Pi」。本書では、Linuxのセットアップやコマンドの使い方をはじめ、環境の構築方法などの基本的な情報を解説しています。第1版からカメラモジュールの解説を追加してバージョンアップしました。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

世界的なブームとなっている名刺サイズのコンピューター「Raspberry Pi」。本書では、Linuxのセットアップやコマンドの使い方をはじめ、環境の構築方法などの基本的な情報を解説しています。また、プログラミングツールの使い方や、Raspberry Piから外部機器をコントロールする電子工作の実例なども紹介。省電力サーバーを作ってみたい実用派から、LEDやモーターをコントロールしたい工作派まで、あらゆるユーザーが楽しめる一冊となっています。第1版からカメラモジュールの解説を追加してバージョンアップしました。原書未収録のCompute ModuleやModel B+についての日本語版オリジナル付録も追加収録決定!

書誌情報

  • 著者: Eben Upton, Gareth Halfacree
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2014-09-11)
  • 最終更新日: 2014-09-11
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 320ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

本書では、Linuxのセットアップやコマンドの使い方をはじめ、環境の構築方法などの基本的な情報を解説しています。また、プログラミングツールの使い方や、Raspberry Piから外部機器をコントロールする電子工作の実例なども紹介。省電力サーバーを作ってみたい実用派から、LEDやモーターをコントロールしたい工作派まで、あらゆるユーザーが楽しめる一冊となっています。

著者について

Eben Upton

RaspberryPi Foundationの設立者であり、エグゼクティブディレクターを務めている。Raspberry Piのソフトウェアとハードウェアアーキテクチャ全体を管理する傍ら、Raspberry Pi Foundationと主なサプライヤや顧客との関係を担当している。過去には、モバイルゲームのIdeaworks 3d Ltd.とミドルウェアのPodfun Ltd.を立ち上げて成功を収め、ケンブリッジのセントジョンズカレッジでコンピュータサイエンス学科の教務主任も務めていた。Ebenはケンブリッジ大学で文学士号、博士号、MBAを取得している。現在はBroadcomでASICアーキテクトを務めており、ブームの火付け役でもある。

Gareth Halfacree

フリーのテクノロジージャーナリスト。Eben Uptonと共同で本書を執筆した。以前は、教育分野でシステム管理者として働いていた。キャリアを重ねるにつれ、オープンソースプロジェクトにのめり込んでいる。GNU/Linux、LibreOffice、Fritzing、Arduinoといったプロジェクトのレビューや文書化に携わる機会も多く、プロジェクトに貢献することもある。GarethはArduinoプロトタイピングシステムの機能を拡張するSleepduino/Burnduinoオープンハードウェアプロジェクトの発案者でもある。現在の仕事の内容については、http://freelance.halfacree.co.ukを参照。

目次

はじめに

目次

第1部 Raspberry Piを接続する

第1章 速習:Raspberry Pi

  • 1.1 ボードの説明
  • 1.2 Model A
  • 1.3 Model B
  • 1.4 Model B のPCB Revision
  • 1.5 簡単な背景情報

第2章 Raspberry Pi を使用するための準備

  • 2.1 ディスプレイの接続
  • 2.2 オーディオの接続
  • 2.3 キーボードとマウスの接続
  • 2.4 SD メモリカードでのNOOBS のインストール
  • 2.5 外付けストレージの接続
  • 2.6 ネットワークの接続
  • 2.7 オペレーティングシステムのインストール

第3章 Linux システムの管理

  • 3.1 Linux の概要
  • 3.2 Linux の基礎
  • 3.3 速習:Raspbian
  • 3.4 外付けストレージデバイスの使用
  • 3.5 新しいユーザーアカウントの作成
  • 3.6 ファイルシステムのレイアウト
  • 3.7 ソフトウェアのインストールとアンインストール
  • 3.8 Raspberry Pi の安全なシャットダウン

第4章 トラブルシューティング

  • 4.1 キーボードとマウスの診断
  • 4.2 電源の診断
  • 4.3 ディスプレイの診断
  • 4.4 ブートの診断
  • 4.5 ネットワークの診断
  • 4.6 エマージェンシーカーネル

第5章 ネットワークの設定

  • 5.1 有線LAN
  • 5.2 無線LAN

第6章 Raspberry Pi のソフトウェア構成ツール

  • 6.1 raspi-config の実行
  • 6.2 Setup Options 画面

第7章 Raspberry Pi の高度な設定

  • 7.1 NOOBS による設定ファイルの編集
  • 7.2 ハードウェアの設定:config.txt
  • 7.3 L2 キャッシュの無効化
  • 7.4 メモリの割り当て
  • 7.5 ソフトウェアの設定:cmdline.txt

第2部  メディアセンター、デスクトップ環境、Web サーバーとして使用する

第8章 ホームシアターPC としてのRaspberry Pi

  • 8.1 コンソールでのオーディオの再生
  • 8.2 本格的なHTPC:Raspbmc

第9章 デスクトップ環境としてのRaspberry Pi

  • 9.1 クラウドベースのアプリケーションの使用
  • 9.2 LibreOffice の使用
  • 9.3 Gimp による画像編集

第10章 Web サーバーとしてのRaspberry Pi

  • 10.1 LAMP スタックのインストール
  • 10.2 WordPress のインストール

第3部 Raspberry Pi でのプログラミング

第11章 速習:Scratch

  • 11.1 Scratch の概要
  • 11.2 例1:Hello World
  • 11.3 例2:アニメーションとサウンド
  • 11.4 例3:単純なゲーム
  • 11.5 ロボット工学とセンサー
  • 11.6 参考文献

第12章 速習:Python

  • 12.1 Python の概要
  • 12.2 例1:Hello World
  • 12.3 例2:コメント、入力、変数、ループ
  • 12.4 例3:pygame を使ったゲーム
  • 12.5 例4:Python とネットワーキング
  • 12.6 参考文献

第4部 ハードウェアハッキング

第13章 ハードウェアハッキング

  • 13.1 電子機器
  • 13.2 抵抗のカラーコードの読み取り
  • 13.3 部品の調達
  • 13.4 ブレッドボードからの前進
  • 13.5 はんだ付けのクイックガイド

第14章 GPIO ポート

  • 14.1 ボードのリビジョンの確認
  • 14.2 GPIO ポートのピン配列図
  • 14.3 GPIO の機能
  • 14.4 Python でのGPIO ポートの使用

第15章 Raspberry Pi のカメラモジュール

  • 15.1 カメラモジュールを使用する理由
  • 15.2 カメラモジュールの取り付け
  • 15.3 カメラモードの有効化
  • 15.4 静止画の撮影
  • 15.5 動画の撮影
  • 15.6 コマンドラインでのコマ撮り写真

第16章 アドオンボード

  • 16.1 Ciseco Slice of Pi
  • 16.2 Adafruit Prototyping Pi Plate
  • 16.3 Fen Logic Gertboard

第5部 付録

付録A Python レシピ

  • A.1 Raspberry Snake:第12章の例3
  • A.2 IRC User List:第12章の例4
  • A.3 GPIO Input and Output:第14章

付録B カメラモジュールのクイックリファレンス

  • B.1 共通のオプション
  • B.2 Raspistill のオプション
  • B.3 Raspivid のオプション
  • B.4 Raspiyuv のオプション

付録C HDMI ディスプレイモード

付録D Raspberry Pi を購入する

  • D.1 購入先
  • D.2 購入手順

付録E 日本語化

  • E.1 日本語環境のセットアップ
  • E.2 コンソールの日本語化
  • E.3 デスクトップの日本語化

付録F SSH サーバー

  • F.1 SSH サーバー
  • F.2 SSH サーバーのセットアップ
  • F.3 SSH サーバーへのアクセス

付録G VNC サーバー

  • G.1 VNC サーバー
  • G.2 サーバー側のデスクトップ画面を操作する
  • G.3 サーバー側とは別の画面を操作する

付録H Raspberry Pi Model B+ とCompute Module

  • H.1 製品リリースの背景
  • H.2 Raspberry Pi Model B+
  • H.3 Raspberry Pi Compute Module
  • H.4 日本での状況

付録I 関連サイト

索引

著者紹介

Home 書籍一覧 Raspberry Piユーザーガイド 第2版 ▲ ページトップへ戻る