試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Movable Type 6 本格活用ガイドブック

マイナビ出版

2,952円+税

2013年10月に登場したMovable Type 6.0の概要からインストール、テンプレートのカスタマイズ、さらにはバージョン6.0のキーとなる新機能「Data API」について徹底的に解説。Movable Type 6を「汎用的CMS」として徹底的に活用・活躍させるための手引きとなる1冊。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

2013年10月にリリースされたMovable Type 6.0を活用・活躍させるための解説書。バージョン6.0の概要からインストール、テンプレートのカスタマイズ、さらにはバージョン6.0のキーとなる新機能「Data API」について徹底的に解説します。

本書は4つのChapterで構成されています。

「Chapter 01 Movable Type 6の環境構築」

Movable Type 6.0の概要や、インストールの手順など、基本的な事項をまとめています。環境構築については、「サーバーでMovable Typeを解凍する」「旧バージョンからのアップグレード」「Movable Type を別のサーバーに移転する」など応用・実践的なTipsも取り上げています。

「Chapter 02 テンプレートのカスタマイズ」

Movable Typeでのサイト制作の流れから、テンプレートの基礎的な話、そして変数を利用した高度なテンプレートのカスタマイズまで解説します。

「Chapter 03 Data APIの基本と活用」

Movable Type 6.0にはいろいろな新機能が追加されましたが、その中でキーになるのが「Data API」です。Data API は、これまでの「Web 制作用CMS」から、「汎用的なCMS」へと、Movable Type が活躍する場を広げるものです。この章ではData API の基本的な考え方から、Data API の実際的な使い方までを解説します。

「Chapter 04 実践編:サンプルサイト構築」

実践編として、Movable Type 6.0を使ったサンプルサイト「Six Apart のごはんレシピ(http://makanai.sixapart.jp/)の構築例を紹介します。Data APIの活用例にもなっていますので、ぜひご参照ください。

「Movable Type 6.0は、Movable Type 5.xまでとの互換性を保ちつつ、一方で「Data API」という新機能を搭載しました。 Data API は、様々なプログラム言語からMovable Type のデータにアクセスする仕組みで、Movable Type の活用の幅を広げる可能性を秘めています。特に、Movable Type をWeb アプリケーションやスマートフォンアプリケーションのバックエンドとして使うのに、Data API が役立ちます。

本書では、このData APIを中心に、Movable Type 6.0の基本から解説していきます。既存ユーザーの方も、また新規ユーザーの方も、本書でMovable Type 6.0 に親しんでいただければ幸いです。」
(藤本 壱「はじめに」より)

「Movable Type 6.0の登場は、MTの位置づけがWebサイト構築用CMSから、さらに幅広い用途に使えるCMSとして進化した第一歩だと思います。Data API に関してはプログラム要素が強いのは事実ですが、これまでのMT と同様の使い方はもちろんのこと、少しの工夫とアイデアでさらに幅広く活用することができる可能性を持っていると思います。」(奥脇 知宏、柳谷 真志「はじめに」より)

書誌情報

  • 著者: 藤本 壱, 柳谷 真志, 奥脇 知宏, シックス・アパート株式会社(監修)
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2013-11-30)
  • 最終更新日: 2013-11-30
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 280ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: マイナビ出版

対象読者

著者について

藤本 壱

1969年に兵庫県伊丹市で生まれ、現在は群馬県前橋市在住。1993年からフリーライターとして活動し、パソコン関係やマネー関係などの執筆を行っている。
2004年秋からMovable Typeを使い始めてすっかりハマり、プラグインを作ったり、Movable Type関係の本を執筆したりしている。ブログ「The Blog of H.Fujimoto」(http://www.h-fj.com/blog/)でも、Movable Typeの情報を多く発信している。本書ではChapter 1~Chapter 3を担当。

柳谷 真志

1981年青森県青森市生まれ。Web制作のアルバイト、Web制作会社勤務を経て独立。
2012年2月、「アイ・ペアーズ株式会社」を設立。取締役副社長。
2013年8月、奥脇と共に「bit part 合同会社」を設立。Movable Type、PowerCMSを使ったサイト構築、設計を多く手がける。

奥脇 知宏

1976年生まれ、2児の父。Web制作とは関わりのない仕事をしながら、独学でWeb制作関連の技術を学ぶ。個人のブログ「かたつむりくんのWWW」(http://www.tinybeans.net/blog/)では、Movable TypeやjQueryの自作プラグインやTipsなどを公開。「Update Me Everyday!」をモットーに日々精進中。

目次

Chapter 01 Movable Typeの環境構築

01-01 Movable Type 6.0について
  • 01-01-01 ブログをベースにしたCMS
  • 01-01-02 Movable Type 6.0の登場
  • 01-01-03 新機能「Data API」
01-02 Movable Typeに適したサーバー選び
  • 01-02-01 Movable Typeの動作環境
  • 01-02-02 専用サーバーが理想的
  • 01-02-03 VPS /クラウドを使う
  • 01-02-04 Movable Type クラウド版を使う
01-03 Movable Type 6.0のインストール
  • 01-03-01 Movable Type 6.0の入手
  • 01-03-02 データベースの作成
  • 01-03-03 サーバーにアップロードする
  • 01-03-04 パーミッションの設定
  • 01-03-05 インストールを始める
  • 01-03-06 システムチェックを行う
  • 01-03-07 データベース設定を行う
  • 01-03-08 メール設定
  • 01-03-09 管理者アカウントの作成
  • 01-03-10 最初のウェブサイトを作成
  • 01-03-11 インストール完了
01-04 サーバーでMovable Typeを解凍する
  • 01-04-01 解凍用のCGIファイルを作る
  • 01-04-02 ファイルをサーバーにアップロードする
  • 01-04-03 unzip.cgiを実行する
  • 01-04-04 ディレクトリ名を変更する
01-05 旧バージョンからのアップグレード(旧環境に上書きする場合)
  • 01-05-01 アップグレードの2 つの方法
  • 01-05-02 プラグインの対応確認
  • 01-05-03 旧バージョンのファイルのバックアップとディレクトリ名変更
  • 01-05-04 データベースのバックアップ
  • 01-05-05 データベース/文字コードの変換
  • 01-05-06 Movable Type 6.0のアップロード
  • 01-05-07 アップグレードの開始
  • 01-05-08 プラグインのインストール
  • 01-05-09 旧バージョンの削除
  • 01-05-10 トラブルが起こった場合
01-06 旧バージョンからのアップグレード(旧環境を残す場合)
  • 01-06-01 旧バージョンのファイルのバックアップ
  • 01-06-02 データベースの作成
  • 01-06-03 データベースのバックアップ
  • 01-06-04 Movable Type 6.0のアップロード
  • 01-06-05 データベースの複製
  • 01-06-06 データベースの変換
  • 01-06-07 新バージョンのMovable Type をインストールする
  • 01-06-08 プラグインのインストール
  • 01-06-09 旧バージョンの削除
  • 01-06-10 トラブルが起こった場合
01-07 Movable Type 4.x以前からのアップグレード
  • 01-07-01 ブログからウェブサイトに変換される
  • 01-07-02 Movable Type 4.292にアップグレード
  • 01-07-03 テータベースのバックアップ
  • 01-07-04 バックアップファイルの文字コードの変換(UTF-8 以外で運用していた場合)
  • 01-07-05 データベース関係の準備
  • 01-07-06 バックアップの復元
  • 01-07-07 ブログの再構築
  • 01-07-08 Movable Type 6.0 へのアップグレード
01-08 ローカルでMovable Type 6.0を動作させる
  • 01-08-01 Vagrantを利用する
  • 01-08-02 VirtualBoxとVagrantのインストール
  • 01-08-03 作業用フォルダの作成
  • 01-08-04 作業用フォルダに入る
  • 01-08-05 仮想環境(Box)の初期化
  • 01-08-06 Boxの起動
  • 01-08-07 SFTPでBoxに接続する
  • 01-08-08 Movable Type 6.0のインストール
  • 01-08-09 Boxの終了
01-09 Movable Type を別のサーバーに移転する
  • 01-09-01 サーバー移転の流れ
  • 01-09-02 旧サーバーのデータベースのバックアップ
  • 01-09-03 旧サーバーのファイルのバックアップ
  • 01-09-04 新サーバーにデータベースを復元する
  • 01-09-05 新サーバーにファイルをアップロードする
  • 01-09-06 mt-config.cgiの書き換え
  • 01-09-07 ウェブサイトのパスの書き換え

Chapter 02 テンプレートのカスタマイズ

02-01 Movable Typeでのサイト制作の概要
  • 02-01-01 ウェブサイトとブログ
  • 02-01-02 ウェブサイトを作成する
  • 02-01-03 ブログを作成する
  • 02-01-04 記事を作成する
  • 02-01-05 記事とカテゴリ
  • 02-01-06 ウェブページとフォルダ
02-02 テンプレートの基本
  • 02-02-01 テンプレートとは
  • 02-02-02 ブログテンプレート/ウェブサイトテンプレート/グローバルテンプレート
  • 02-02-03 インデックステンプレート
  • 02-02-04 アーカイブテンプレート
  • 02-02-05 テンプレートモジュール
  • 02-02-06 システムテンプレート
  • 02-02-07 ウィジェットとウィジェットセット
02-03 テンプレートタグ(MTタグ)の基本
  • 02-03-01 ファンクションタグとブロックタグ
  • 02-03-02 テンプレートタグの表記ルール
  • 02-03-03 モディファイア
  • 02-03-04 コメント
  • 02-03-05 テンプレートタグの例
  • 02-03-06 よく使うテンプレートタグ
02-04 カスタムフィールドの利用
  • 02-04-01 カスタムフィールドとは
  • 02-04-02 カスタムフィールドの新規作成
  • 02-04-03 カスタムフィールドに値を入力する
  • 02-04-04 カスタムフィールドの値を出力する
02-05 変数を扱う
  • 02-05-01 変数とは
  • 02-05-02 変数に値を代入する
  • 02-05-03 変数の値を出力する
  • 02-05-04 変数の値によって処理を分ける
  • 02-05-05 予約変数
  • 02-05-06 変数同士を比較する
  • 02-05-07 繰り返し処理と変数
  • 02-05-08 変数で簡単な計算をする
02-06 テンプレートカスタマイズのテクニック
  • 02-06-01 テンプレートタグのテスト方法
  • 02-06-02 グローバルナビゲーションを作る
  • 02-06-03 ウェブサイトをポータル化する
  • 02-06-04 複数ブログを連携させる
  • 02-06-05 テンプレートの種類に応じてウィジェットの内容を変える

Chapter 03 Data APIの基本と活用

03-01 Data APIの概要
  • 03-01-01 「API」とは?
  • 03-01-02 Web向けの「Web API」
  • 03-01-03 Movable Type 6.0のData API
  • 03-01-04 Data APIの使い道
03-02 JavaScriptでData APIにアクセスする
  • 03-02-01 JavaScriptライブラリの概要
  • 03-02-02 JavaScriptライブラリの初期化
  • 03-02-03 記事を読み込む
  • 03-02-04 記事読み込みの例(ページ分割)
  • 03-02-05 各種のオブジェクトの読み込み
03-03 JavaScript でプライベートなデータを扱う
  • 03-03-01 ログインしてプライベートなデータを扱う
  • 03-03-02 ログインの処理
  • 03-03-03 未公開の情報を読み込む
  • 03-03-04 記事の操作
  • 03-03-05 記事操作の事例
  • 03-03-06 アイテムのアップロード
03-04 PHPでData APIを操作する
  • 03-04-01 RESTの基本
  • 03-04-02 Data APIのRESTの基本
  • 03-04-03 PHP でオブジェクトの情報を取得する
  • 03-04-04 PHP でログインの処理を行う
  • 03-04-05 PHP で記事を作成する
  • 03-04-06 PHP で記事を更新/削除する
03-05 iOSアプリ/AndroidアプリからData APIにアクセスする
  • 03-05-01 基本的な考え方
  • 03-05-02 さまざまなアプリを作成可能
  • 03-05-03 iOS アプリからData API を呼び出す
  • 03-05-04 AndroidアプリからData APIを呼び出す
03-06 Data API を使ったWeb アプリケーションの作例
  • 03-06-01 この節で取り上げる例
  • 03-06-02 初期設定
  • 03-06-03 テンプレートの書き換え
  • 03-06-04 記事作成/編集ページの追加
  • 03-06-05 Data API関連の処理を行うJavaScript
  • 03-06-06 サンプルテーマの利用

Chapter 04 実践編: サンプルサイト構築

04-01 サンプルサイトの概要
  • 04-01-01 トップページ
  • 04-01-02 詳細ページ
  • 04-01-03 カテゴリアーカイブ
  • 04-01-04 タグアーカイブ
  • 04-01-05 検索
04-02 Movable Type の構成とテンプレートの構成
  • 04-02-01 Movable Typeの構成
  • 04-02-02 テンプレートの構成
  • 04-02-03 記事の入力フィールド
  • 04-02-04 カテゴリの入力フィールド
04-03 各テンプレートの詳細
  • 04-03-01 index_top
  • 04-03-02 load_js
  • 04-03-03 admin.js
  • 04-03-04 search
  • 04-03-05 archive_category
  • 04-03-06 archive_entry
  • 04-03-07 config
  • 04-03-08 mod_category_list
  • 04-03-09 mod_tag_list
  • 04-03-10 mod_googletagmanager
  • 04-03-11 mod_header
  • 04-03-12 mod_header_top
  • 04-03-13 mod_html_head
  • 04-03-14 mod_script
  • 04-03-15 mod_search
04-04 Data API での追加読み込みとサイト内検索
  • 04-04-01 load.jsを読み込むテンプレートモジュール「mod_script」
  • 04-04-02 Data API での追加読み込み
  • 04-04-03 Data APIでの検索
04-05 Data API を使った追加読み込みとサイト内検索を実装する「load.js」
  • 04-05-01 インデックステンプレート「load_js」
  • 04-05-02 変数の初期化処理など
  • 04-05-03 Data API に関する処理
  • 04-05-04 検索結果ページに関する処理
  • 04-05-05 ページを下までスクロールしたときの追加読み込み
  • 04-05-06 Data APIで記事を取得してHTMLに表示するgetApiEntries関数
  • 04-05-07 Data APIで取得した記事のJSONをHTMLにするsetHTML関数
04-06 サンプルテーマについて
  • 04-06-01 テーマファイル構成
  • 04-06-02 テーマ適用
  • 04-06-03 Data APIを拡張するDataAPIExtendプラグイン
Home 書籍一覧 Movable Type 6 本格活用ガイドブック ▲ ページトップへ戻る