試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

30日でできる! OS自作入門

マイナビ出版

3,200円+税

ゼロからはじめて30日後にはフルスクラッチでOSが作れるスキルが身につく入門書です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

プログラミングの基礎からはじめて、30日後にはウィンドウシステムを有する32bitマルチタスクOSをフルスクラッチで作り上げるという入門書。ビギナーでも無理なく作成できるようPCの仕組み・アセンブラ・Cの解説から始まり、試行錯誤を繰り返しながらアルゴリズムを学びつつ、たのしく自由な雰囲気でOSをゼロから構築していくという、他に類を見ない手法による、趣味と実用と学習を兼ね備えたOS作成の入門書です。

【注意】

  • 本書の紙版にはCD-ROMが付属しておりましたが、電子版には付属しておりません。本書サポートサイトからデータをご入手ください。
  • 書籍中にCD-ROMに関する記述や解説がございますが、適宜読み替えをお願いいたします。

書誌情報

  • 著者: 川合 秀実
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2006-02-28)
  • 最終更新日: 2015-04-22
  • バージョン: 1.0.1
  • ページ数: 724ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: マイナビ出版

対象読者

OSを自作してみたい方、OSの仕組み、実装に興味のある方

著者について

川合 秀実

1975年生まれ。小学生のときにファミコンの代わりに8ビットのパソコンを与えられ、さらにソフトが買えないほど貧しかったので、プログラムを作って遊ぶことになった。その後プログラミングの専門教育をほとんど受けずにここまできてしまったので、普通のプログラマにできることができないが、しかし普通のプログラマにはできないことができる。ようするに変人プログラマ。代表作として、エミュレータのV98、OSのOSASK、圧縮のtekなどがある。

目次

Chapter 0 開発を始める前に

Chapter 1 PCの仕組みからアセンブラ入門まで

Chapter 2 アセンブラ学習とMakefile入門

Chapter 3 32ビットモード突入とC言語導入

Chapter 4 C言語と画面表示の練習

Chapter 5 構造体と文字表示とGDT/IDT初期化

Chapter 6 分割コンパイルと割り込み処理

Chapter 7 FIFOとマウス制御

Chapter 8 マウス制御と32ビットモード切り替え

Chapter 9 メモリ管理

Chapter 10 重ね合わせ処理

Chapter 11 ついにウィンドウ

Chapter 12 タイマ-1

Chapter 13 タイマ-2

Chapter 14 高解像度・キー入力

Chapter 15 マルチタスク-1

Chapter 16 マルチタスク-2

Chapter 17 コンソール

Chapter 18 dirコマンド

Chapter 19 アプリケーション

Chapter 20 API

Chapter 21 OSを守ろう

Chapter 22 C言語でアプリケーションを作ろう

Chapter 23 グラフィックいろいろ

Chapter 24 ウィンドウ操作

Chapter 25 コンソールを増やそう

Chapter 26 ウィンドウ移動の高速化

Chapter 27 LDTとライブラリ

Chapter 28 ファイルと日本語表示

Chapter 29 圧縮と簡単なアプリケーション

Chapter 30 高度なアプリケーション

Chapter 31 開発を終えた後で

Home 書籍一覧 30日でできる! OS自作入門 ▲ ページトップへ戻る