試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

6日間で楽しく学ぶLinuxコマンドライン入門

インプレスR&D

1,800円+税

コマンドラインは恐くない! 本書は既刊『Linuxコマンドライン入門 1日目~6日目』全6冊を1冊にまとめた合本です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は既刊『Linuxコマンドライン入門 1日目〜6日目』全6冊を1冊にまとめた合本です。

1日目から6日目の6つのパートから構成されています。各パートは4つのセクションからなり、実際の入門講座でも使用できるように、ひとつのセクションが約1時間を目安に完了するように設定されています。6日間を読み終えた段階で、LinuxやOS XなどUNIX系OSのコマンドラインの基本操作およびシステム管理の基礎を理解できることを目標とします。

1日目では、コマンドラインの初心者を対象に、コマンドの実行方法やテキストの補完機能などターミナルエミュレータ上のbashの基本操作を解説します。

2日目では、コマンドラインにおけるもっとも日常的な操作である、ファイルとディレクトリの操作を重点的に解説する。特にファイルを扱う上で不可欠なワイルドカード、標準入出力、リダイレクション、リンクについて丁寧に解説します。

3日目では、シェルがもっとも得意とする機能のひとつであるテキストファイルの操作、および定番エディタであるviの操作について解説します。

4日目では、findコマンドによる検索やフィルタコマンドの使いこなしなど、日常の操作に便利な多少高度なコマンドの操作について説明します。

5日目では、ユーザ管理やアクセス制御といったLinuxにおけるシステム管理の基本について説明します。

最終日である6日目では、これまでのまとめとしてシェルの活用方法と環境設定について解説します。

書誌情報

  • 著者: 大津 真
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2015-05-22)
  • 最終更新日: 2015-04-24
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 338ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

大津 真

東京都生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、外資系コンピューターメーカーにSEとして8年間勤務。現在はテクニカルライターとして活動。主な著書に『Xcode 5ではじめるObjective-Cプログラミング』(ラトルズ)『かんたん7ステップ JavaからはじめようAndroidプログラミング』(インプレスジャパン)『3ステップでしっかり学ぶ JavaScript入門』(技術評論社)『MASTER OF Logic Pro X 』 (ビー・エヌ・エヌ新社)などがある。

目次

1日目 ようこそコマンドラインの世界へ

  • [1時間目]LinuxなどUNIX系OSってどんなOS?
  • [2時間目]ターミナル・エミュレータを使ってみよう
  • [3時間目]ファイルシステムを探検する
  • [4時間目]コマンドラインの操作テクニック

2日目 ファイルの基本操作を身につけよう

  • [1時間目]これだけは押さえておきたいシェルの基本機能
  • [2時間目]ディレクトリを操作する
  • [3時間目]ファイルの移動とコピーについて
  • [4時間目]ファイルを別名でアクセスするリンク

3日目 テキストファイルを扱うためのノウハウ

  • [1時間目]テキストファイルの中身を表示する
  • [2時間目]テキストファイルから必要な行を取り出す
  • [3時間目]viエディタの操作(1)
  • [4時間目]viエディタの操作(2)

4日目 より高度なコマンドにチャレンジ

  • [1時間目]やはりマニュアルは大事
  • [2時間目]ファイルの場所もコマンドラインで一発検索
  • [3時間目]ファイルの圧縮と解凍
  • [4時間目]複数のコマンドを組み合わせればさらに便利に

5日目 システム管理の基礎を学ぼう

  • [1時間目]Linuxのユーザ管理
  • [2時間目]ファイルの安全管理について(1)
  • [3時間目]ファイルの安全管理について(2)
  • [4時間目]ファイルやシステムの情報を調べる

6日目 シェルを活用するテクニック

  • [1時間目]シェルを賢く使う(1)
  • [2時間目]シェルを賢く使う(2)
  • [3時間目]シェルスクリプトに挑戦
  • [4時間目]シェルの環境を整備する
Home 書籍一覧 6日間で楽しく学ぶLinuxコマンドライン入門 ▲ ページトップへ戻る