試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

iOS SDK プログラミング・リファレンス【Foundation/UIKit編】

マイナビ出版

3,048円+税

iOSの主要フレームワーク、FoundationとUIKitを徹底解説。Objective-Cの概要からデータタイプ、イベントハンドリング、ファイル管理、ビュー・コントロールなどまで。iPhone/iPadアプリ開発者必携!

関連サイト

出版社による関連ページが公開されています。

内容紹介

iOSアプリを作成するのに欠かせない主要フレームワークであるFoundationとUIKitを解説したリファレンスブック。それぞれのフレームワークに関して、「どんなメソッドがあるか?」「どんなキーワードで検索すれば目的にものが見つかるか?」という場合に使えることを目指しています。

最初のChapter01は「iOSのプログラム概要」として、iOSとObjective-Cのプログラミングの基本を解説しています。

それに続く前半のChapterは、Foundationフレームワークの解説。Foundationフレームワークは、文字や数字・日時・データなどの情報、そしてそれらをまとめて扱うコレクション、ファイル管理やネットワーク通信をカバーしている、どちらかというと「縁の下の力持ち」的な役割を持っています。それだけではなく、テキストの解析技術である形態素解析、アプリケーションの国際化に必要なロケール情報、XMLやJSONのパーサー、正規表現を使ったテキスト検索など、アプリケーション作成に有用なクラスもあります。

後半のChapterは、UIKitフレームワークの解説です。UIKitは、ナビゲーション、タブバー、ツールバー、テーブルビュー、ボタンなどなど、洗練されたユーザインターフェイスをアプリにもたらします。画面表示やユーザとのインタラクションなど、iOSアプリを開発するために不可欠なクラスばかりで、Foundationフレームワークと並ぶiOS SDKの基幹技術です。UIKitフレームワークを理解できれば、自分が思い描くiOSアプリを自由自在に開発できるはずです。

「フレームワークを構成する各クラスの利用目的や使い方を理解し、Apple社の公式リファレンスを読み解くための一助になれば幸いです。」(著者「はじめに」より)

iPhone/iPadアプリ開発者必携の1冊です。書籍中に掲載したサンプルコードはダウンロード可能。

書誌情報

  • 著者: 大森智史, 中野洋一
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2013-02-15
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 484ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: マイナビ出版

対象読者

iOS開発者、iPhone/iPadアプリプログラマー

著者について

大森智史

印刷会社勤務。京都市在住。
OS X初期からCocoaプログラミングを始める。OS XやiOSのフレームワーク解説サイト「Cocoa API解説(iOS/OS X)」運営。
Cocoa勉強会関西創設等、主にCocoaプログラミングコミュニティで活動している。
Cocoa API解説(iOS/OS X) : http://cocoaapi.hatenablog.com/

中野洋一

東京浅草生まれで、今は埼玉県越谷市在住のプログラマ。
エーアンドエー株式会社を経て、15年前にDream Garden Softwareを設立。
iOSとOS Xを中心としたアプリ開発の他、セミナーや技術コンサルティングを主業務としている。
MOSA(Multi-OS Software Artists)理事。
DreamGardenSoftware:http://www.dreamg.com

目次

Chapter01 iOSのプログラム概要

Chapter02 データタイプ

Chapter03 コレクション

Chapter04 イベントハンドリング

Chapter05 ファイル管理

Chapter06 ネットワーク

Chapter07 アプリケーション・ビューコントローラ

Chapter08 ビュー・コントロール

Chapter09 ナビゲーション・テーブルビュー

Chapter10 タブバー・ツールバー

Chapter11 ジェスチャ認識・ユーザイベント

Chapter12 デバイス情報・表示属性

Home 書籍一覧 iOS SDK プログラミング・リファレンス【Foundation/UIKit編】 ▲ ページトップへ戻る