試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット・サイエンスの歴史人物館 情報通信技術の礎を築いた科学者たち

インプレスR&D

1,800円+税

科学技術計算の父 バネバー・ブッシュをはじめ 15名の科学者たちの手探りの努力に触れる

関連サイト

本書の詳細ページが用意されています。

内容紹介

コンピュータ・情報通信技術は今日、社会生活においてなくてはならないものになっています。本書では、20世紀初頭に萌芽を見せ、インターネットの誕生など大きな発展を遂げたコンピュータ・情報通信技術の歴史において、多大な貢献を果たした科学技術計算の父 バネバー・ブッシュをはじめ、15名の科学者たちの伝記を掲載。やがて「標準技術」へと結実することになる、彼らの手探りの努力に触れることで、現代社会が広く享受している恩恵の源流を探ります。

書誌情報

  • 著者: 岩山 知三郎
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2012-10-26
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 224ページ
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

岩山 知三郎

同志社大学法学部政治学科卒。1978年から電波新聞社記者、ニューヨーク特派員として電算機、半導体、通信を取材。1989年に米月刊誌AudioVideo Int'l発行人兼電波新聞ニューヨーク支局長、1996年に月刊コンピュートピア編集人となり2005年まで取材執筆に従事。2010年から理化学研究所で脳科学研究のスパコン利用調査、京コンピュータで実行する生命科学ソフトウェア開発プロジェクトに参加。

目次

まえがき

バネバー・ブッシュ

  • 科学技術計算とパイパーメディアの父
  • 船乗りの家系から発明家へ
  • 地形記録装置「プロファイル・トレーサー」の発明
  • ラジオの交流電源利用を可能にした放電整流管
  • 送電網シミュレータから微分解析機へ
  • デジタル論理回路の誕生とENIACへの影響
  • クロード・シャノンとの研究
  • 微分解析機は軍事利用へ
  • 軍事政策委員会議長に就任
  • 情報検索システムの先駆け「Memex」
  • 戦後の研究体制の整備を提言
  • ブッシュの提言はARPAとNASAの創設へ
  • ブッシュのビジョンに影響を受けた後進たち

クロード・シャノン

  • デジタル情報通信理論のパイオニア
  • 発明家を志して
  • バネバー・ブッシュの研究助手に
  • デジタル計算の機械化を可能にする理論0と1の世界、2進数で計算機の回路設計を可能に
  • 暗号解読や遺伝子研究にも才能を発揮
  • 飛行物体の航路を予測する研究に従事
  • 連合軍の勝利に貢献「XT-1自動追跡レーダー」と「M-9予測装置」
  • 大西洋上の通話を暗号化
  • アラン・チューリングとの協働
  • “ビット”の誕生デジタル情報の発展を導いた通信の数学理論
  • サンプリング理論の発展
  • コンピュータ・チェス・プログラムへの関心
  • 迷路問題を解くネズミのロボット
  • 人工知能の領域でも先駆者に
  • ネットワーク世界の発展への明確な指針

ジェイ・フォレスタ

  • オンライン・リアルタイム処理の創始者
  • ネブラスカの開拓民の子供
  • 砲塔の自動制御技術を開発
  • Whirlwindプロジェクトの成り立ち
  • 防空システムの情報処理中枢に
  • Whirlwindの性能
  • リンカーン・プロジェクトの発足
  • 3次元構造のコアメモリの発明磁束の変化をメモリに応用
  • コアメモリが実現したオンラインシステム
  • SAGE防空システムの離陸
  • 史上空前の巨大コンピュータ「AN/FSQ-7」
  • WhirlwindからSAGE、そしてインターネットへ

ウェズリー・クラーク

  • パーソナル・コンピューティングの先駆者
  • 理論物理学に挫折してプログラマに
  • 最初のトランジスタ・コンピュータ「TX-0」
  • 革命の起点となったTX-2
  • PCとバイオインフォマティクスの先駆者
  • ワシントン大学で再出発
  • 非同期コンピュータへの挑戦とARPNETへの貢献

J. C. R. リックライダー

  • 普遍的なネットワーク社会の実現に踏み出したARPANETの創始者
  • 実験心理学との出会い
  • 音響心理学研究所での研究
  • ハーバードで脳の研究に着手
  • 国防プロジェクトでライトペンを開発
  • レーダー基地ネットワークの構築
  • PDP-1との出会いプログラミングを学ぶ
  • 人とコンピュータの共生現在のWebの世界を予見
  • ARPAへの入局ミサイル防衛管制システムの開発へ
  • 研究者コミュニティの創設を構想
  • ダグラス・エンゲルバートからの提案ロバート・ファノとの出会い
  • 「銀河間コンピュータ・ネットワーク」の構想
  • タイムシェアリング・システムの普及拡大
  • タイムシェアリングOSの開発
  • ARPAからIBMへ
  • 「コミュニケーション・デバイスとしてのコンピュータ」
  • インターネットの起源「ARPANET」の実現
  • 再びARPAへ研究プロジェクトの再編を手がける
  • MITに戻った晩年

ジョン・マッカーシー

  • 情報ユーティリティ構想と人工知能の先駆者
  • フォン・ノイマンとシャノンとの出会い
  • ダートマス人工知能夏期研究会
  • LISPの開発
  • 情報ユーティリティ構想
  • タイムシェアリング・コンピュータの実験
  • ARPANETと人工知能研究

アイヴァン・サザランド

  • スケッチパッド、バーチャル・リアリティ非同期高速コンピュータの開拓者
  • 12歳でプログラミングを体験
  • 人工知能、トランジスタ式コンピュータとの出会い
  • リンカーン研究所の「TX-2」
  • 図形描画プログラムを着想クロード・シャノンに師事
  • 図形描画プログラムの開発
  • スケッチパッドの誕生
  • オブジェクト指向言語の出発点に
  • コンピュータ・グラフィクスの時代の到来
  • 26歳でARPAの情報処理部長に就任
  • リックライダーのコミュニティでの交流
  • 2台のコンピュータの接続実験「メッセージ・プロトコル」は標準技術の出発点に
  • コンピュータ・グラフィクス研究の指針を示しIPTO部長を退きハーバード大学へ
  • バーチャル・リアリティの研究「ヘッドマウント3次元ディスプレイ」を発表
  • 3次元グラフィクスの先端企業「エバンス&サザランド・コンピュータ」の設立
  • VLSI時代の到来を予言
  • サザランド周辺で次々と花開いた成果
  • VLSI時代の到来
  • グラフィック・プロセッサ「Geometry Engine」
  • オブジェクト指向言語「SmallTalk」
  • ページ記述言語「Interpress」
  • 「サザランド、スプロウル&アソシエイツ」を設立
  • 非同期回路の研究へ
  • A. M. チューリング賞を受賞
  • サン・マイクロシステムズ・ラボラトリーズの設立
  • 情報ハイウェイ構想技術諮問委員会の共同議長に就任、さらなる研究へ
  • 次世代スーパー・コンピュータを目指して「Hero」プロジェクト
  • 非同期論理回路が実現の鍵

フェルナンド・J・コルバト

  • タイムシェアリングOSの開拓者
  • 物理学博士号を得てコンピュータ科学者に
  • タイムシェアリング・システムの提案
  • 最初のタイムシェアリングOSのCTSS
  • プロジェクトMACとオンライン開発環境
  • Multic――コンピューティングの新潮流に挑戦
  • SMPとパーティションやセキュリティ機構の実現
  • Multicsとインターネット

ジョン・G・ケメニー

  • DTSSとBASICでオンライン教育を普及させた先駆者
  • 天才科学者に薫陶を受けた半生
  • ダートマス大学の計算機科学事始め
  • タイムシェアリングの検討
  • BASICの開発
  • DTSSの始動
  • 広域タイムシェアリング・サービスの先駆者
  • ポール・バラン
  • 自律的パケット・ルーティングの確立
  • UNIVACとミサイル開発を経験
  • ランドで国防通信網の研究者に
  • 分散型通信ネットワークのアイデア
  • ルーティング・テーブルとアルゴリズムを開発
  • 国防通信網の挫折
  • インターネットへのバランの貢献
  • シリコンバレーの起業家に

ドナルド・ワッツ・デービス

  • 「パケット」という言葉の考案者
  • 物理学者として原爆の戦時研究に従事
  • チューリングとの出会い
  • ACE開発プロジェクト
  • タイムシェアリングからパケット通信を着想
  • 全英パケット交換網の提案
  • ARPANETに影響を与えたパケット通信の理論
  • 構内パケット・ネットワーク
  • 晩年のデービス

ローレンス・ロバーツ

  • ARPANETを現実に導いたアーキテクト
  • 3次元グラフィクスの先駆者
  • グラフィクスとネットワークの狭間で
  • 最初のWANの接続実験と標準技術の萌芽
  • ARPANETを現実に導いたIMPとNCP
  • 電子メールのコミュニティを形成
  • ネットワーク革命の一翼を担い続ける挑戦者

フランク・ハート

  • ルータの起源となったIMP開発のリーダー
  • MITでコンピュータに出会い、リアルタイム処理の先駆者に
  • BBNで医療機関向けコンピュータ事業を担当
  • ARPANETとネットワーク専用コンピュータ
  • プロジェクトチームの編成
  • IMPの受注
  • IMPの開発
  • IMPの0号機
  • 最初の4ノード
  • 遠隔診断とソフトウェア配布の実現
  • TIPの開発とARPANETの拡大

レオナード・クラインロック

  • ARPANET構想を現実に導いたパケット交換理論の提唱者
  • ラジオ少年からMIT大学院に
  • 待ち行列理論の研究
  • コンピュータ網でメッセージの測定を可能にする法則
  • ARPANET構想と蓄積交換型ネットワーク
  • ARPANETの最初のノード
  • ネットワーク測定センターとNWGの発足
  • UCLAの大学院生の活躍
  • ARPANETの離陸
  • 情報ハイウェイとノマディック・コンピューティング

ダグラス・C・エンゲルバート

  • ハイパーメディア・オンライン・コミュニティによる知的能力増強を目指した移植の技術者
  • Memexとの出会い
  • コンピュータ技術者に
  • リックライダーとサザランドの影響
  • 人間の知的能力の増強
  • マウスの発明
  • NLSとタイムシェアリング・システム
  • 伝説のプレゼンテーション
  • ARPANETの接続実験
  • NLSの凋落
  • ブートストラップ・インスティチュート

著者紹介

Home 書籍一覧 インターネット・サイエンスの歴史人物館 情報通信技術の礎を築いた科学者たち ▲ ページトップへ戻る