試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒットするiPhoneアプリの作り方・売り方・育て方

マイナビ出版

2,480円+税

ヒットするアプリには全部「理由」がある! 本書でその「秘密」を解き明かします!! ヒットするiPhoneアプリを作るにはどうすればよいのか? アプリ市場の見方から始まり、マーケティング、企画の詰め方、マネタイズ、開発、プロモーションまで、解説します。

関連サイト

出版社による関連ページが公開されています。

内容紹介

iPhoneアプリの市場は当初、先進的な端末を好むユーザーを中心に形成されたミニマムな市場規模でした。しかし、iPhone/iPadが普及した今、アプリの市場も成熟してきています。また、新たに業務で参入するエンジニアやデザイナー、既存プロジェクトの移行を引き継ぐプランナーなど、この市場と関わるプレイヤーも多種多様となってきています。

本書は、その現在の市場でも確実に成果を上げられる1冊として必読の内容になっています。

「CHAPTER1 イントロダクション」「CHAPTER2 情報収集・準備」ではiOSアプリの市場や事前の情報収集法について解説します。

「CHAPTER3 企画・マネタイズ」ではiPhoneアプリのマネタイズモデルを解説するとともに、アプリの企画書の書き方などを教えます。

「CHAPTER4 広告収益」「CHAPTER5 課金システム」はアプリにおける広告や課金システムの種類を解説し、それぞれのメリット・デメリットをまとめます。

企画から課金や広告の方法までが決定したら、次はアプリの設計です。「CHAPTER6 設計・デザイン」ではアプリの作業工程の組み立てや、プロトタイピング、ユーザーエクスペリエンスについての考え方など、設計やデザインに関して知っておきたいことをまとめています。

「CHAPTER7 開発・受発注」では開発環境、見積もり、Appleの審査など、開発フェーズで必要となるトピックを取り上げています。

アプリが完成したら次はプロモーションです。「CHAPTER8 リリース・プロモーション」ではプロモーション計画の立て方から、ソーシャルメディアを組み合わせたアプリの育て方、レビューの活用法などを解説。

「CHAPTER9 運用・サポート」ではKGI/KPIの話から、アクセス解析、現状の分析、ユーザーのクチコミ活用など、アプリリリース後の運用フェーズでどうすべきかをまとめました。

アプリ制作者、デザイナー、企業や制作会社の担当者など、アプリビジネスに携わる方すべてに役立つ1冊です!

書誌情報

  • 著者: 川畑 雄補, 丸山 弘詩
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2013-07-27
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 256ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: マイナビ出版

対象読者

iPhoneアプリ開発者

著者について

川畑 雄補

株式会社サイバーエージェント所属。大阪府豊中市在住。デザイン専門学校卒業後はアップルのヘルプデスク勤務を経てWebの世界へ。サーバエンジニア、iPhoneエンジニアを経験した後、スマートフォンのマーケティング支援やコンサルティング業務を手掛ける。現在はソーシャルゲームから広告サービスまでスマートフォン向けの各種サービスを幅広く担当。

丸山 弘詩

書籍編集者。埼玉県春日部市在住。早稲田大学政治経済学部経済学科中退にもかかわらず、国立大学大学院博士後期課程(システム生産科学専攻)に編入し、単位取得の上で満期退学。大手広告代理店勤務を経て、現在は書籍編集に加え、さまざまな分野のコンサルティング、プロダクトディレクション、開発マネージメントなどを手掛けている。60 年代のジャズをこよなく愛する。

目次

CHAPTER 1 イントロダクション

  • ヒットするiPhone アプリの作り方・売り方・育て方
  • どんなプレーヤーが市場にいるの?
  • iTunes BEST OF 2012を検証

CHAPTER 2 情報収集・準備

  • iOSアプリを販売するための事前準備
  • アカウント管理の徹底解説
  • Appleとビジネスする時の心構え
  • アプリのライフサイクルを計画しよう
  • こんなにたくさんある! 日本語情報ソース

CHAPTER 3 企画・マネタイズ

  • 代表的なマネタイズモデル
  • こんなアプリならどのモデルを狙う?
  • 売れるiPhone アプリの企画を考え出そう
  • 企画書を書いてみよう

CHAPTER 4 広告収益

  • アプリ内の広告で収益を得よう
  • 広告にはどのような種類があるの?
  • バナー広告を貼ってみよう
  • リッチアドやリワード広告の魅力
  • 複数の広告を組み合わせよう
  • 個人におすすめの相互広告や付加サービス

CHAPTER 5 課金システム

  • 有料アプリより売上の高いアプリ内課金
  • App Store における課金の種類について
  • 課金の売上を上げるコツ

CHAPTER 6 設計・デザイン

  • アプリならではの作業工程を組み立てよう!
  • プロトタイピングでコスト・手戻り削減
  • ユーザーエクスペリエンス ─iOSの流儀に合わせる
  • デザインができない人のコラボレーション
  • アプリを世界中でリリースしよう!
  • iOS 7が登場、どのように互換性を保つ?

CHAPTER 7 開発・受発注

  • 自分で開発する? 誰かに依頼する?
  • 外部環境や感性で決まる部分を明確にしよう
  • 見積書をマスターして受発注を円滑に進めよう!
  • クロスプラットフォームなど様々な目的の開発環境
  • Appleの審査リジェクトにも交渉の余地がある!
  • Ad HocテストとTestFlightを活用しよう

CHAPTER 8 リリース・プロモーション

  • 新規リリースのプロモーション計画
  • メディア向けプレスキットの作成!
  • App Storeでの掲載やレビューを上手に活用しよう
  • ランキングと導線を意識した戦略を立てる
  • サポートサイト、ソーシャルで育てよう
  • プロモコード・ギフトコードってなんだ?
  • 紹介記事を書いてもらうには?

CHAPTER 9 運用・サポート

  • KGI / KPIの管理はできていますか?
  • 口コミのループをつくりだそう
  • プッシュ通知でユーザーを呼び戻そう
  • レポーティングツールを活用しよう
  • アクセス解析ツールを使った利用者数のチェック
  • まずは現状を分析してみよう
  • おわりに ─「真にヒットするアプリ」とは

APPENDIX

  • iTunes Connectステータス用語
  • iPod touchデバイス互換性リスト
  • iPhoneデバイス互換性リスト
  • iPadデバイス互換性リスト
  • iTunes BEST OF 2012無料アプリ総合ランキング
  • iTunes BEST OF 2012有料アプリ総合ランキング
  • iTunes BEST OF 2012トップセールス総合ランキング
  • iPhoneアプリ紹介サイト一覧
Home 書籍一覧 ヒットするiPhoneアプリの作り方・売り方・育て方 ▲ ページトップへ戻る