試験公開中

頼られるWeb担当者になる! Googleウェブマスターツールの教科書
販売終了
このエントリーをはてなブックマークに追加

頼られるWeb担当者になる! Googleウェブマスターツールの教科書

マイナビ出版

2,280円+税

販売終了 検索エンジン上位表示や検索流入の増加に効く「Googleウェブマスターツール」を徹底攻略!Web担当者/マーケター必携の『教科書』です。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

「検索結果の上位に表示されたい!」
「検索流入を増やしたい!」
「自社サイトのアクセス数、どうしてイマイチ伸びないんだろう……」

Web管理担当やマーケティング担当者に絶えずつきまとう『検索エンジンでの上位表示や集客に関する悩み』。本書はそのような悩める担当者のために、使いこなせるようになるべき「Googleウェブマスターツール」の設定を中心に、検索エンジンの仕組みやGoogleのアルゴリズム、スマートフォンサイトの問題など、自社サイトの上位表示に必要な知識とテクニックをまとめています。「Googleウェブマスターツール」は、Googleが提供している、Google検索にヒットしやすいようにするためのツールです。しかし、この「Googleウェブマスターツール」を使ってサイトを改善していけば、検索エンジンでの上位表示はもちろん、ユーザーにとっても使いやすいサイトになっていきます。

Chapter 1「検索エンジンについて理解しよう」では検索の仕組みを理解し、クローラーにヒットしやすいサイトを作る方法を解説します。

Chapter 2「知らないでは済まされない! スパムをまず理解する」では、「スパム」について解説していきます。「スパムって悪いことでしょ? うちはやっていないから大丈夫」と思っていても、知らず知らずにスパムを行っている場合があるのです。この章を読んで、再度スパムとは何かを、ぜひ把握してください。

Chapter 3「Googleの新アルゴリズム」では、Googleの「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」などの動きをまとめつつ、Googleが何を目指しているのかを解説します。

Chapter 4「ウェブマスターツールの見方と使い方」では、「Googleウェブマスターツール」の使い方を解説します。XMLサイトマップを利用してインデックス数を上げる方法、クロールの動きとインデックスの状況の把握、エラー対策、robots.txtによる巡回の制御、データハイライターの使い方や多言語設定など。

Chapter 5「正しく表示させるための正しいHTMLの基礎知識」では、HTML5の基礎を簡潔にまとめます。Webマーケターや運営者もHTMLを知らないでは済まされない状況となりつつあります。本章では基本の基本だけまとめてありますので、ぜひ把握してください。

Chapter 6「スマートフォンサイトの上位表示」では、スマートフォン、タブレットに向けたサイトを作るうえで注意しておきたいポイントを紹介します。これらのポイントはGoogleも重要視していて、上位表示にも関係します。

Chapter 7「パフォーマンス」で扱う「パフォーマンス」とは、ブラウザでWebサイトを表示したときの速度を指します。ユーザビリティの向上、検索順位の向上、リソースの節約、これらの理由から、パフォーマンスアップは非常に重要です。ユーザーの利便性を上げ、Googleで上位表示されるよう、ウェブサイトのパフォーマンスには注意しましょう。

Chapter 8「GoogleマイビジネスとGoogle+で流入を増やす」では、GoogleビジネスとGoogle+を解説します。

「Googleウェブマスターツール」を中心に、検索エンジン上位表示や検索流入の増加に効く方法と考え方をまとめた、Web担当者/マーケター必携の『教科書』です。

書誌情報

  • 著者: 大本 あかね, 菊池 崇
  • ページ数: 242ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: マイナビ出版

対象読者

著者について

大本 あかね

allWebクリエイター塾 代表
Web教育の黎明期から10年以上に渡り短期集中型のカリキュラムを持つスクールを運営。Webサイトだけで受講生を集客しプローモーションを行い、業界では堅実の内容で定評があり延1万人が受講している。プロジェクト単位でディレクター、UX設計、企画、マーケティング、検索エンジン対応などで多くのプロジェクトに参画している。

菊池 崇

Web Directions East LLC 代表、allWebクリエイター塾 講師
大手IT企業、システム会社、Web制作会社のコンサルティングや、企業研修、イベント出演、執筆などを行う。自身でもアプリUI、システム案件のUIを担当。モバイルファースト、レスポンシブWebデザインなど最新情報を日本のWebメディアにいち早く寄稿し話題を提供している。

目次

Chapter 1 検索エンジンについて理解しよう

  • 1-1 検索の仕組みを知ろう
  • 1-2 検索ロボットの種類
  • 1-3 アルゴリズム、ページランク、ドメインエイジを理解しよう
  • 1-4 検索エンジンアルゴリズムの変化と従来型SEOの終焉
  • 1-5 キーワードの今昔

Chapter 2 知らないでは済まされない! スパムをまず理解する

  • 2-1 スパムを起こさないためにスパムの理解を深めよう
  • 2-2 ペナルティが科せられた事例からスパムを学ぶ
  • 2-3 スパムチェックとリンクプログラム
  • 2-4 リンクプログラム以外のペナルティとその種類
  • 2-5 デザインとコンテンツに関するガイドライン

Chapter 3 Googleの新アルゴリズム

  • 3-1 Googleが目指すものとSEO
  • 3-2 パンダアップデートとは
  • 3-3 ペンギンアップデートとは
  • 3-4 パンダアップデートはランキングに影響
  • 3-5 ペナルティになるとどうなるのか?
  • 3-6 新しい検索エンジン「ハミングバード」とは
  • 3-7 Google検索とYahoo!JAPAN検索は同じ?
  • 3-8 HTML5から見る検索エンジン
  • 3-9 Googleのこれからの動きと方向性を考えてみよう!

Chapter 4 ウェブマスターツールの見方と使い方

  • 4-1 Googleウェブマスターツールとは
  • 4-2 XMLサイトマップを利用してインデックス数を上げていこう!
  • 4-3 ユーザーの声を知ろう! 検索クエリを情報提供
  • 4-4 クロールの動きとインデックスの状況を理解しよう
  • 4-5 404 Not Foundの設定をしよう!
  • 4-6 エラー対策:重複コンテンツのエラーをなくそう!
  • 4-7 ロボットの巡回を促す、制御、禁止をrobots.txtで指定する
  • 4-8 ドメイン変更、リニューアルは注意が必要!
  • 4-9 デザインURLとファセットナビゲーション
  • 4-10 多言語設定をしよう
  • 4-11 データハイライターでWebサイトの情報をGoogleBotに伝える
  • 4-12 アナリティクスとの連携

Chapter 5 正しく表示させるための正しいHTMLの基礎知識

  • 5-1 HTMLの概要
  • 5-2 HTMLと要素、検索エンジンに伝わりやすい設定方法
  • 5-3 title要素の記述
  • 5-4 meta keywordsは重要か?
  • 5-5 サープスに利用されるmeta descriptionの記述方法
  • 5-6 コンテンツ部分の正しいマークアップを勉強しよう
  • 5-7 マークダウン記述をマスターしよう
  • 5-8 ロボットにも文章、コンテンツの意味を知らせよう! リッチスニペット

Chapter 6 スマートフォンサイトの上位表示

  • 6-1 スマートフォンサイトを作る際の注意点
  • 6-2 振り分けの場合のコンテンツの扱いとリンク先
  • 6-3 レスポンシブWebデザインをGoogleはなぜ奨めるのか?
  • 6-4 Googleが推奨する5つのモバイル向けのユーザビリティの改善

Chapter 7 パフォーマンス

  • 7-1 パフォーマンスとは
  • 7-2 パフォーマンス改善と費用対効果
  • 7-3 パフォーマンスチェックツール
  • 7-4 クライアント側のパフォーマンス改善
  • 7-5 JavaScriptのパフォーマンスアップ対策
  • 7-6 サーバーのレスポンスの改善
  • 7-7 スマートフォンとパフォーマンス
  • 7-8 HTML5とパフォーマンス

Chapter 8 GoogleマイビジネスとGoogle+で流入を増やす

  • 8-1 Googleビジネス(Google+ ローカル)に登録する
  • 8-2 GoogleビジネスとGoogle+ページの融合
  • 8-3 サイテーション(口コミ)とローカル検索ランキング
  • 8-4 ソーシャルメディア(Google+)とSPYW
  • 8-5 著者情報「authorship」の表示の終了とリッチスニペットと今後
Home 書籍一覧 頼られるWeb担当者になる! Googleウェブマスターツールの教科書 ▲ ページトップへ戻る