試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Driveを使った業務データ移行入門

インプレス

1,400円+税

本書では、いきなり本格的なクラウドへの移行を行うのではなく、難易度の低いレベルから本格的なクラウドへと、2ステップでクラウド移行を実現するシナリオを紹介したいと思います。

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

最近、クラウドファーストという言葉が使われるようになっています。クラウドファーストは、システムの導入・構築に際して、「まずクラウドでできないかを検討し、それが困難な場合にはオンプレミスでの構築を検討する」という考え方です。しかし、実際に中小の会社などの担当者からよく聞かれるのは、業務内容をクラウドに移行するのは、「まだ不安がある」、或いは「クラウドはやってみたいが技術面での敷居が高い」といったような言葉です。確かに、中小の一般的な企業担当者の多くは、業務システムもクラウド移行を目指すべきと言われても、不安を感じる会社も多いかもしれません。本書では、いきなり本格的なクラウドへの移行を行うのではなく、難易度の低いレベルから本格的なクラウドへと、2ステップでクラウド移行を実現するシナリオを紹介したいと思います。

第1章 クラウドをより身近に!Google Driveを使った業務データ移行入門
第2章 Google AppとApp Engineの準備・設定を完了する
第3章 AppsのスプレッドシートデータをApp Engineから読み取る
第4章 App Engineから読み取ったデータの書き込みと、スプレッドシートのUIで表示する処理
第5章 AppsスプレッドシートとApp Engineのデータ交換を完成させる
第6章 Google DriveとCloud DatastoreのデータをBigQueryで使用する

本書は、インプレスが運営するWebメディア「Think IT」で、「Excel使用をそのままに、本格クラウド利用を実現する」として連載された技術解説記事を電子書籍およびオンデマンド書籍として再編集したものです。

書誌情報

  • 著者: 清野 克行
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2015-08-21)
  • 最終更新日: 2015-08-21
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 135ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレス

対象読者

文中に出てくるAppsではプログラム言語としてJavaScriptを使用し、App EngineではJavaを使用します。最初の部分では、プログラミング経験がほとんどないような方でも理解できるように進めますが、その後のApp Engineの処理が関係する部分辺りからは、プログラミング経験もある程度要求される内容になってきます。

著者について

清野 克行

有限会社サイバースペース
慶應義塾大学工学部電気科卒。日本IBM、日本HPなどにおいて、製造装置業を中心とした業務系/基幹業務系システムのSE/マーケティングや、3階層C/Sアーキテクチャによる社内業務システム開発などに携わる。現在は、Ajax/Web 2.0関連のセミナー講師/コンサルティング、書籍執筆などを行っている。情報処理学会会員。
http://www.at21.net/

目次

はじめに

目次

  • 1.1 本書での最終的なシステム構成
  • 1.2 Google Apps、Google Drive、Google Apps Scriptの基礎知識
  • 1.3 Google Driveを使用する
  • 1.4 Google Driveでのファイル操作
  • 1.5 フォルダを作成する
  • 1.6 フォルダを特定の人と共有(シェア)する

第2章 Google AppとApp Engineの準備・設定を完了する

  • 2.1 スプレッドシート操作の基本
  • 2.2 App Engineの概要と環境設定

第3章 AppsのスプレッドシートデータをApp Engineから読み取る

  • 3.1 MS ExcelをGoogle Driveにアップロードする
  • 3.2 Drive上のSpreadSheetをApp Engineから読み取り画面表示する

第4章 App Engineから読み取ったデータの書き込みと、スプレッドシートのUIで表示する処理

  • 4.1 Drive上のスプレッドデータをApp Engineから読み込みDatastoreに書き込む
  • 4.2 Datastoreに書き込まれたスプレッドデータをApp Engineから読み取る
  • 4.3 DriveおよびDatastoreのスプレッドデータをUI表示する

第5章 AppsスプレッドシートとApp Engineのデータ交換を完成させる

  • 5.1 App EngineのDatastoreからDrive上のSpread Sheetに読み取る
  • 5.2 Datastoreに書き込まれたスプレッドデータをGoogle Driveから読み取り表示する

第6章 Google DriveとCloud DatastoreのデータをBigQueryで使用する

  • 6.1 システム構成とデータロードの準備
  • 6.2 Cloud DatastoreからCloud Storageへデータロードする
  • 6.3 Cloud StorageからBigQueryへデータロードする
  • 6.4 終わりに

著者紹介

Home 書籍一覧 Google Driveを使った業務データ移行入門 ▲ ページトップへ戻る