試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業システムのためのパブリッククラウド入門

インプレスR&D

1,500円+税

「パブリッククラウドを日本企業が業務システムで使う」という視点で、国内外の主要なパブリッククラウド11サービスの機能や特徴を紹介。

関連サイト

本書の詳細ページが用意されています。

内容紹介

「パブリッククラウドを日本企業が業務システムで使う」という視点から、Amazon Web Services、Force.com、IIJ GIO、クラウド・エヌなど国内外の主要なパブリッククラウド11サービスについて機能や特徴を紹介しています。いずれのサービスも、知名度のみならず、システム開発で利用する際の汎用度の高いサービスを売りにしているサービスです。ユーザー企業で、システム開発の企画や検討に従事されている方、特に、情報システム部門などに所属されている方にとってサービス選びの参考となる一冊です。

書誌情報

  • 著者: 加藤 章
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2013-03-29
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 182ページ
  • 対応フォーマット: PDF, EPUB
  • 出版社: インプレスR&D

対象読者

著者について

加藤 章

株式会社電通国際情報サービス クラウドビジネス開発部 クラウドストラテジスト。東京大学工学系修士課程を1990年に修了。同年よりI種国家公務員として通商産業省(現 経済産業省)に勤務。機械情報産業局、通商産業研究所(いずれも当時)等を経て、1995年より電通国際情報サービスに勤務。大手企業の業務システム開発等に従事したのち、2009年より現職。クラウド関連のビジネス開発および社内・社外でクラウド利用促進活動を行う。アイティメディア社の情報サイト「TechTarget」にて「企業向けシステムを構築するパブリッククラウド」(http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1008/19/news04.html)を連載中。
Facebookアカウント:http://facebook.com/Akira.Kato.2000

目次

はじめに

第1章 世界最強のクラウド Amazon Web Services

  • リファレンスとしてのAWS
  • AWSの成り立ち
  • AWSの概要
  • リージョンとアベイラビリティゾーン
  • 伸縮可能(エラスティック)
  • ストレージ
  • セキュリティ
  • アイソレーション強化
  • 課題
  • 将来性
  • ■コラム 従来の「ITベンダ」とは異なるAWS

第2章 テンプレートが豊富な老舗のPaaS Force.com

  • Force.comの成り立ち
  • Force.comの概要
  • Force.comの得意分野
  • 留意点
  • さまざまな制限
  • Force.comの将来性
  • ■コラム プライベートクラウドはクラウドではない

第3章 さまよえる巨人 Microsoft Windows Azure

  • 最後の大物 Microsoft
  • Windows Azureの概要
  • 意外と強いPaaSの制約
  • 不本意なIaaS参入?
  • Windows Azure Virtual Machinesの特徴
  • 課題
  • ■コラム パブリッククラウドは銀行に似ている

第4章 国産サラブレッド IIJ GIO

  • IIJの概要
  • GIOの概要
  • GIO コンポーネントサービス
  • サーバ関連
  • 高品質なネットワーク関連サービス
  • コンポーネントとしてのサポートサービス
  • 課題
  • 将来性
  • ■コラム データセンタがアプリになり、不可能が可能になる

第5章 IBMが繰り出すSmarterCloud Enterprise

  • IBMの3つのパブリッククラウド
  • SCEの概要
  • SCEの特徴
  • 提供されるインスタンスは10種類
  • 豊富なミドルウェアが選べるマシンイメージ
  • 料金は円建て、請求書払い
  • 競合との比較
  • 課題と今後の発展
  • ■コラム 見えれば安心? 見えないから安心?

第6章 日本発で世界制覇を目指すクラウド・エヌ

  • NTTグループのクラウドサービス
  • Cloudnの概要
  • 課題と今後の発展
  • ■コラム パブリッククラウドはレンタカーに似ている

第7章 システム管理者視点のニフティクラウド

  • ニフティのパブリッククラウド
  • ニフティクラウドの特徴
  • インスタンスは17種類
  • 割高感が惜しい
  • ニフティクラウドの優位性
  • 課題
  • ■コラム クラウドは発電所に似ている

第8章 ホスティングから進化したBIGLOBEクラウドホスティング

  • NECグループのパブリッククラウド
  • BIGLOBEクラウドの概要
  • 課題
  • ■コラム クラウドの歴史観

第9章 リソース型クラウドを提唱する

  • GMOグループのパブリッククラウド
  • GMOクラウド Publicの概要
  • 利用中のスケールアップが可能
  • 国際展開
  • CORE SERVER
  • 課題
  • ■コラム クラウドとオンプレミスのコスト比較

第10章 国産クラウド老舗 IDCフロンティア

  • IDCフロンティア概要
  • IDCFクラウドの概要
  • パブリッククラウド(セルフタイプ)
  • 特徴
  • パブリッククラウド(マネージドタイプ)
  • セルフタイプとマネージドタイプの組み合わせ
  • 課題
  • ■コラム 安全安心なクラウド利用のために

第11章 想像力と創造力がカギ Google クラウド

  • 簡単な例
  • Googleを構成するサービス群
  • Google Apps
  • Google App Engine
  • Google Cloud SQL
  • Google Compute Engine
  • Google Cloud Storage
  • APIライブラリ
  • Google BigQuery
  • 課題
  • イマジネーションへの挑戦

あとがきと謝辞

著者紹介

Home 書籍一覧 企業システムのためのパブリッククラウド入門 ▲ ページトップへ戻る