試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCNA Routing and Switching ICND2 200-101J

インプレス

4,000円+税

公式ガイドで新CCNA合格へ!米国ベストセラーシリーズを翻訳

関連サイト

本書の関連ページが用意されています。

内容紹介

本書は、CCNA Routing and Switchingの認定を目指す人のための公式ガイドブック。100題以上の試験対策を掲載し、トラブルシューティングやルーティングなどを重点解説。章始めのテストで速読か熟読かを判断できて、直前対策の解説も充実。2013年に改訂されたICND2試験の内容に対応。新ICND2では、4つの旧トピックが削除され、14の新トピックが追加されています。追加トピックは、VLAN・IPv4・IPv6のトラブルシューティング、STPやEIGRPの実装など。ICND1とICND2に合格することで、晴れてCCNA認定となります。姉妹書の"ICND1本"と本書により、しっかり準備をして、Cisco認定資格の第一関門を突破しましょう。(本書は、姉妹書『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』の内容を踏まえて構成されています)。

書誌情報

  • 著者: Wendell Odom, 株式会社クイープ(訳)
  • 発行日: (紙書籍版発行日: 2014-06-20)
  • 最終更新日: 2014-06-20
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 776ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: インプレス

対象読者

CCNA資格取得を目指している方。ネットワーク技術を基本から学びたい方。

著者について

Wendell Odom

CCIE No.1624
1981年からネットワーキング業界に従事している。これまで、ネットワークエンジニア、コンサルタント、システムエンジニア、インストラクター、講座クリエータとして活躍し、現在は執筆や認定ツールの作成に従事している。Cisco Pressから出版されたCCNA Official Certification Guideシリーズのすべての著者である。また、『CCNP ROUTE 642-902 Official Certification Guide』、『QoS 642-642 Exam Certification Guide』、『CCIE Routing and Switching Official Certification Guide』の共著者であり、他にもさまざまな書籍を執筆している。PearsonのCCNA 640-802 Network Simulatorとその次期バージョンのコンサルタントでもある。www.certskills.comにおいて、学習ツール、自身のブログへのリンク、およびその他のリソースを管理している。

目次

はじめに

目次

Part I LANスイッチング

第1章 STPの考え方
  • 1.1 LANスイッチングの復習
  • 1.2 STP(IEEE 802.1D)
  • 1.3 STPのオプション機能
第2章 STPの実装
  • 2.1 STPの設定と検証
  • 2.2 STPのトラブルシューティング
第3章 LANスイッチングのトラブルシューティング
  • 3.1 一般化されたトラブルシューティング手法
  • 3.2 LANスイッチングのデータプレーンのトラブルシューティング
  • 3.3 トラブルシューティングの例と練習問題

Part II IPv4ルーティング

第4章 IPv4ルーティングの基本的なトラブルシューティング
  • 4.1 IPv4ルーティングの正常な動作を予測する
  • 4.2 pingコマンドを使って問題を切り分ける
  • 4.3 tracerouteコマンドを使って問題を切り分ける
第5章 IPv4ルーティングの高度なトラブルシューティング
  • 5.1 ホストとデフォルトルータ間の問題
  • 5.2 ルータ間のパケットルーティングの問題
第6章 ファーストホップルータの冗長化
  • 6.1 FHRPの概念
  • 6.2 FHRPの設定と検証
第7章 VPN
  • 7.1 VPNの基礎
  • 7.2 GREトンネル

Part III IPv4ルーティングプロトコル

第8章 IPv4でのOSPFの実装
  • 8.1 OSPFの概念と動作
  • 8.2 OSPFの設定と検証
第9章 EIGRP
  • 9.1 EIGRPとディスタンスベクタールーティングプロトコル
  • 9.2 EIGRPの概念と動作
第10章 IPv4でのEIGRPの実装
  • 10.1 EIGRPの基本的な設定と検証
  • 10.2 EIGRPのメトリック、サクセサ、フィジブルサクセサ
  • 10.3 EIGRPのその他の設定
第11章 IPv4ルーティングプロトコルのトラブルシューティング
  • 11.1 ルーティングプロトコルのトラブルシューティングについて
  • 11.2 ルーティングプロトコルが有効になっているインターフェイス
  • 11.3 ネイバー関係

Part IV WAN

第12章 ポイントツーポイントWANの実装
  • 12.1 HDLCを使用する専用回線WAN
  • 12.2 PPPを使用する専用回線WAN
  • 12.3 シリアルリンクのトラブルシューティング
第13章 速習:フレームリレー
  • 13.1 フレームリレーの概要
  • 13.2 フレームリレーのアドレッシング
  • 13.3 ネットワーク層でのアドレッシング
第14章 フレームリレーの実装
  • 14.1 フレームリレーの設定と検証
  • 14.2 フレームリレーのトラブルシューティング
第15章 その他のWAN
  • 15.1 企業間を結ぶプライベートWAN
  • 15.2 パブリックWANとインターネットアクセス

Part V IPv6

第16章 IPv6ルーティングのトラブルシューティング
  • 16.1 IPv6の通常の動作
  • 16.2 IPv6のトラブルシューティング
第17章 OSPFforIPv6の実装
  • 17.1 OSPFv3の設定
  • 17.2 OSPFの概念、検証、トラブルシューティング
第18章 EIGRP for IPv6の実装
  • 18.1 EIGRPv6の設定
  • 18.2 EIGRPv6の概念、検証、トラブルシューティング

Part VI ネットワークの管理

第19章 ネットワークデバイスの管理
  • 19.1 SNMP
  • 19.2 Syslog
  • 19.3 NetFlow
第20章 IOSファイルの管理
  • 20.1 Cisco IOSファイルの管理
  • 20.2 パスワードの回復
  • 20.3 コンフィギュレーションファイルの管理
第21章 IOSのライセンス管理
  • 21.1 IOSパッケージ
  • 21.2 ユニバーサルイメージによるIOSソフトウェアアクティベーション

Part VII 直前対策

第22章 受験時のアドバイスと復習/22.1 試験の流れに関するアドバイス
  • 22.2 試験前の復習

Part VIII 付録

付録A 数値参照表

用語集

Home 書籍一覧 シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCNA Routing and Switching ICND2 200-101J ▲ ページトップへ戻る