試験公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加

Android API プログラミング・リファレンス

マイナビ出版

3,048円+税

Androidの主要APIを解説したリファレンスブック。Android独自APIの使い方や利用シーン、活用方法など、APIを使いこなすのに必要な情報が詰まっています。これからAndroidアプリ開発を始める方にも、すでに行っている方にも、必ず役立つ内容となっています。

関連サイト

出版社による関連ページが公開されています。

内容紹介

Androidアプリの開発にコレは欠かせない! Androidの主要APIを解説したリファレンスブック。

Androidアプリの開発には言語としてJavaを使いますが、それに加えてAndroid独自のAPI 群を使いこなす必要があります。AndroidのAPIにはフレームワークに関するものや、アプリ開発を効率化する様々なクラスライブラリが含まれており、これを使ってAndroidの機能を生かしたアプリを開発していくことになります。

本書はAndroidプログラミングの概要から、Intent、Dialog、Contextなどの基本となるクラス、ビューとアニメーション、通知、デバイス、センサー、HTTP、オーディオ、グラフィック、スレッドまで、クラスごとに使い方や利用シーン、活用方法など、使いこなすのに必要な情報が詰まっています。さらに、フラグメント、NFC、Wi-Fi Directといった新しい機種に搭載されている機能や、MonkeyRunnerやFeliCaなどについても詳しく解説してあります。

これからAndroidアプリ開発を始める方にも、すでに行っている方にも、必ず役立つリファレンスです。APIレベル16、Android 4.1までのAPIに対応した内容となっています。

書誌情報

  • 著者: 高見知英, 菅野祥礼, 神原健一, 茶圓亮, 松岡謙治
  • 発行日:
  • 最終更新日: 2012-11-30
  • バージョン: 1.0.0
  • ページ数: 756ページ(PDF版換算)
  • 対応フォーマット: PDF
  • 出版社: マイナビ出版

対象読者

Android開発者

著者について

高見知英

1983年生。日本Androidの会横須賀支部支部長。高校3年からはじめたプログラミングのほか、横浜・横須賀を中心に、ITと地域コミュニティを結ぶための活動を行う。

菅野祥礼

組込みエンジニア、Webエンジニアを経て、現在は株式会社Stoic代表取締役。Google発プログラミング言語Goのコントリビューター、Erlang製分散ファイルシステムLeoFSのコミッター等OSS界隈で活動中。

神原健一

NTTソフトウェア株式会社所属。プライベートで「セカイフォン」などを開発。GDDの基調講演でデモをしたのは良い思い出。iplatform.orgにて技術情報も発信中。

茶圓亮

インフラ構築からアプリケーション開発(サーバーサイド/クライアント)までを手がける。2011年から社会起業家を目指して活動中。

松岡謙治

世の中のいろんな機械がプログラムできると良いなと思う日々。WebプログラムやAndroidプログラムが好物。GDG九州のマネージャーをやっています。

目次

Chapter01 Androidのプログラム概要

Chapter02 Androidの基本

Chapter03 ビューとアニメーション

Chapter04 通知

Chapter05 デバイス

Chapter06 センサー

Chapter07 HTTP

Chapter08 オーディオ

Chapter09 グラフィック

Chapter10 スレッド

Chapter11 設定と情報取得

Chapter12 最新端末のAPI

Chapter13 その他のAPI

Home 書籍一覧 Android API プログラミング・リファレンス ▲ ページトップへ戻る